クロモリロードバイクにおすすめのホイールは?比較検証

自転車 装備備品

「クロモリロードバイク」に似合う「ホイール」とは?「アルミホイール」「カーボンホイール」の違いとは?「機能性」「見た目」「コストパフォーマンス」「耐久性」どれを優先するか?各視点から選んだ「ホイール」を列挙します。これからホイール購入検討される方の「選び方」の参考と「購入候補リスト」として見て貰えれば幸いです。

スポンサーリンク

クロモリロードバイクには基本「シルバーホイール」が似合う

カラミータアルジェントの初期ホイールもアルミホイール

クロモリロードバイクには基本的には見た目がクラシカルなアルミ製「シルバーホイール」(銀輪ホイール)が似合います。そこで、まずは素材の違いを踏まえたうえでクロモリロードに似合うホイールを選定したいと思います。

「カーボンホイール」「アルミホイール」の比較を行います。何が違うのでしょうか?

疑問

「カーボンホイール」と「アルミホイール」は何が違うのか?

01010
01010

俺、カーボンホイールだぞ。クロモリにカーボンも似合うし。

kuromori23
kuromori23

確かにスポーティーな感じに仕上がるからカーボンホイールも有りだな。でも検索するとやっぱり「シルバーホイール」を使っている人が多いぞ。

01010
01010

まぁ「シルバーホイール」をカーボンフレームのロードバイクに使う人は少ないからな。「シルバーホイール」と言えば「クロモリ」と言ってもいいくらいか。

クロモリロードバイクとカーボンホイール:スポーティな印象に仕上がる

アルミホイールとカーボンホイールとの比較

アルミホイール
カーボンホイール

「リム」素材が「アルミ製」か「カーボン製」かでメリット・デメリットが違ってきます。どちらにも良い点・悪い点があるので、それぞれの特性を考慮して選ぶ必要があります。

※リムとは「輪ぶち」のこと。ホイールのスポークから先のタイヤと接触する部分。

アルミホイールカーボンホイール
価格安い高い
放熱性高い低い
重量重い軽い
ディープリム

アルミ製のリムはどうしても重量が重たくなるので「ディープリム」といえばカーボンホイールとなります。カーボン製のリムにした場合「ディープリム」が可能になります。「ディープリム」にするとスポークが短くなり「剛性」が上がります。そして軽くて剛性の高いホイールとなるため「平地」でも「ヒルクライム」でも使える汎用性の高いホイールとなる訳です。

ただ、カーボンリムは横風の影響を受けやすいという弱点があります。最近では横風にも強いUシェイプ型のリムも出てきていますが、初心者はあまりリム高が高い物を買わない方が良いでしょう。

  • ディープリムは基本的にはカーボン製
  • ディープリムは剛性が高く「平地」「ヒルクライム」でも高性能

剛性」とは歪まない性質のことを言います。リムに力が加わった時に歪んでしまうとペダルの力が逃げてしまってロードバイクの推進力が減少します。そのため剛性の高いホイールが良い訳です。

  • 剛性とは歪まない性質のこと
  • 剛性が低いと歪んで力が逃げてしまう

ただ、カーボンリムの弱点は「放熱性」の低さです。熱を持つことでカーボンの接合に使われている樹脂に影響がでる場合があります。

  • カーボンホイールは熱に弱い
  • ディスクブレーキなら問題無し

一般的にカーボンホイールは横からの「衝撃」に弱いです。最悪カーボンリムが割れてしまう危険があります。そのため「カーボンホイール」で未舗装のガタガタ道を走るのは止めておいた方が無難です。まぁ、アルミホイールでも止めておいた方が良いのです。

  • カーボンホイールは設計外の横からの衝撃に弱く破断する危険もある

そして「アルミホイール」「カーボンホイール」どちらにも言える事ですが、ホイールリムは消耗品です。ブレーキの摩耗でリム側面が薄くなり肉厚が1mm以下になったら交換時期です。リム毎に交換時期を知らせるマークが付いていて、摩耗してそのマークが見えなくなったら交換必要となります。

  • リムは消耗品
kuromori23
kuromori23

限られた予算でホイールを選ぶなら、俺ら「ホビーライダー」は「アルミホイール」の方がコスパ良くないか?

01010
01010

ボビーオロゴン?

kuromori23
kuromori23

いや、「ホビーライダー」だし。「趣味で楽しむためロードバイクに乗る人」の事だな。って言うか一文字もあっとらんし。

限られた予算でコストパフォーマンスのよいホイールを選ぶ場合「アルミホイール」に軍配が上がる場合もある。

  • コスパを考慮すると「アルミホイール」は有力
  • クロモリロードバイクなら「外観」重視も有力
  • レースに出るなら「カーボンホイール」有利だが財布と要相談
  • 「カーボンホイール」は上を見れば切りが無い

では、ここまでの「ホイール素材」による違いを踏まえたうえでクロモリロードバイクに似合うホイールを選定していきます!

TOKEN(トーケン) C22A [外観重視ならコレ!]

created by Rinker
トーケン(TOKEN)
¥48,620(2021/09/16 12:50:28時点 Amazon調べ-詳細)

まずはTOKEN(トーケン)のC22Aシルバーホイールです。TOKENは台湾の会社です。シルバーホイールとしてかなり有名で、コストパフォーマンスの良いホイールです。

シマノ11Sに対応ですがスペーサーを使う事でシマノ9Sや10Sにも対応可能です。

サイズ700C
カラーブラック、シルバー
リム高22mm
リム幅18.2mm
対応コンポーネントシマノ11S/スラム、カンパ
重量1384g(前後輪セット)
重量制限80kg(車体込み)
kuromori23
kuromori23

俺、見た目重視でこれにした。

01010
01010

何!まじか!

kuromori23
kuromori23

そもそも早く走る事に特化したいなら「カーボンロードバイク」に乗っている。だから外観を重視して自分の好きなスタイルにした。

01010
01010

俺はクロモリでも敢て「カーボンホイール」を採用してスポーティなスタイルを模索した。

サイクルショップで「手組ホイール」 [自分好みの追求]

シルバーホイールは他に「tradizione(トラディツィオーネ) ZERO」や「H Plus Son TB14」を使ったホールなどがあります。現状では「シルバーホイール」自体が数少なくなってきています。そのためサイクルショップに相談して「手組ホイール」を組んでもらうのがお勧めです。

ショップにご相談とはなりますが「手組ホイール」を組んでもらう場合、自分の好きなパーツを選んで組んでもらえるという利点があります。また、「リム」「ハブ」「スポーク」など部品を使い回しして組み直す事も可能です。

  • サイクルショップで「手組ホイール」を依頼するのもお勧め
01010
01010

手組ホイール良いな。

手組ホイールのリム材料比較

リムの品名重量穴数リム
リム
内幅
リム
外幅
備考
H PLUS SON TB-14 The Box490g32H 36H14.1
mm
23
mm
TNI AL22393g20H 24H
28H 32H
22
mm
13.3
mm
18.2
mm
TOKEN C22Aと同サイズ
色:黒・銀
ロゴはステッカー
TNI AL22W445g20H 24H
28H 32H
22
mm
19
mm
24
mm
AL22のリム幅ワイドタイプ
色:黒のみ
tradizione zero
トラディツィオーネ
430g28H 32H20.9
mm
19
mm
Action Sportsで完組有

Campagnolo(カンパニョーロ) ZONDA C17 [コスパ重視ならコレ!]

Zonda c17は大手メーカーCampagnolo(カンパニョロ)のアルミホイールでコスパも良く、とにかく評判が良いホイールです。外観は全シルバーではありませんがクロモリロードバイクにも合わせやすいデザインになっています。ミドルグレードのホイールなら一押しのホイールです。

口コミによると、ラチェット音はほとんど聞こえず、ホイールから独特な「フオォーン」といった風切り音がすることあるそうです。売れているホイールで使っている人も多いので検索すると数多くの評判や画像が見つかります。

リム高22mm
重量1540g(F678g R862g)

FULCRUM(フルクラム) Racing3(レーシング3) [機能性重視ならコレ]

FULCRUM(フルクラム)はカンパニョーロの姉妹ブランドです。2004年にカンパニョーロ以外のコンポネートに対応した「ホイール」を幅広く展開するために作られたホイール作りに特化した会社です。

先述の「Zonda C17」と「FULCRUM Racing3」とどちらを買うか迷う方が多いです。

また、一般的に「Racing5」だと折角ホイールを変えても変化が分からない可能性があると言われています。そのため鉄下駄ホイールを卒業する場合「Racing3」がお勧めです。

ロードバイクの「鉄下駄ホール」とは?鉄下駄限界と限界突破仮説
ロードバイクの「重たいホイール」を「鉄下駄ホイール」と揶揄します。鉄下駄の様に重たいといった意味合いです。何kg以上のホイールが鉄下駄ホイールだといった定義はありません。一般的にはエントリーモデルのロードバイクに初期装備されているホイール...
リム高22.5mm
リム内幅17mm
リム外幅22.5mm
重量1560g

カーボンホイール [スポーティなクロモリスタイル]

カーボンホイールは多種多様あります。Y’sロードで「試乗ホイールレンタル」を行っています。購入検討までいったら、試してから購入する事をお勧めします。高い買い物なので「試せる」というのはY’sロードの素晴らしい提案だと思います。

スポーツサイクル ホイール一覧|ワイズロードオンライン|自転車・パーツ・サイクルアパレル通販サイト
ホイールのページ。自転車用品を買うなら、日本最大級のスポーツサイクル専門店「ワイズロード」の通販サイトで。豊富な種類の自転車・パーツ・サイクルウェアを取り扱っております。

コメント