ルイガノLGS-CR22に10年乗った私が、世間の評判に物申す

アルミロードバイク

ルイガノロードバイクLGS-CR22」を購入して10年が経ちました。ルイガノの他に「ラレーCRF」や「カラミータアルジェント」も購入して乗っています。そんな私がルイガノの世間一般の評判に物申そうと思います!

スポンサーリンク

ルイガノLGS-CR22を購入した理由

Image118

2009年にルイガノLGS-CR22を購入しました。購入理由は自転車通勤するためです。だから優れた機能性も、華美な装飾も必要ありませんでした。実用性重視です。

クロスバイクでも良かったのですが、ドロップハンドルの方がカッコいいなという見た目と、ハンドルポジションを変えることができるという機能性からロードバイクを選びました。

Image121

そして、何よりスポーツデポで値段が割引かれていたことが大きな要因でした。型落ちになるとのことで安く売られていました。エントリーモデルのルイガノLGS-CR22が通常73,500円の所、25%OFFで54,900円でした。

続けられるかどうか分からないのに、高額なロードバイクをいきなり買えなかった訳です。普通はそうじゃないでしょうか?

初心者はエントリーモデルを買うのが一般的

ルイガノのロードバイクはバカにされるのか?

ルイガノのロードバイクを乗っているというと一定数小バカにする人がいます。それは「ルイガノ」がどこでも良く売られているのと、価格が大衆向けであることに由来するためです。

ルイガノのロードバイクは「ブランド品」としてロードバイクを見た時に価格が安い物、どこでも売られている物、つまらない物としたイメージに映ります。

日本国内でルイガノの「クロスバイク」がチャラい感じで売られていた点もルイガノのブランドイメージが悪くなった原因の一つです。

ブランドイメージで他人が持っている自転車をバカにするというのは、人の「虚栄心」や「見栄」がなせる業です。しかし、大切なのは「自分自身がどう思うか?」という点につきるかと思います。

人から「ルイガノのロードバイクになんて乗っているの?」と言われてどう思うか?もしあなたが「ルイガノのロードバイクに乗っていて恥ずかしい」と思うのであれば買うのを止めておくことをお勧めします。

2016-04-02 08.53.34

私は「そうだよ。ルイガノのロードバイクだよ。」と肯定も否定もしません。幸いにも、私の周りには人のロードバイクをブランド名でバカにする人はいませんでした。そのおかげで、このセリフを言う機会は有りませんでした。

人の自転車をバカにするのは虚栄心のなせる業

ルイガノのロードバイクは機能的にショボいのか?

ルイガノのロードバイクは機能的にショボいのか?ルイガノに限らず何事もそうですが、おおむね値段相応の機能性です。ロードバイクはレースで競ったり、何百キロも走るとなると性能の違いが問題となります。

2016-04-02 08.56.48

私の乗っているルイガノは、使っている部品構成(コンポーネント)が安いので品質も当然落ちます。自分のルイガノLGS-CR22はシマノのSORAよりランクの低いコンポーネントを使っています。正直なところ、ギアチェン時にはガクッ!としますし、非常にギアチェン操作が重かったりします。

しかし、自転車仲間と琵琶湖一周走ったり、鈴鹿の3時間レースに参加したりしましたし、10年乗っても壊れず現役です。趣味として楽しむ分には全く問題ありません。

ロードバイクの性能は値段相応
趣味でサイクリングを楽しむならエントリーモデルの性能で十分

クロモリロードバイクに憧れて「ラレーCRF」を購入した際には、これで劇的に速く走れるようになるんじゃないか?と期待しました。しかし、自転車が新しくなっても速く走れるようになりませんでした。ギアチェンは楽になったし、乗り心地も良くなったのですが、結局「速さ」の違いは自分自身のトレーニングが最も効果的だという結論に至りました。

会社の先輩S木さんも、クオーターのカーボン車を買ってGIANTのエントリーモデルと2台持ちなのですが、たまにGIANTに乗っています。「何で?」と聞いたら「気分だ。」と答えていました。まぁ、普段趣味で乗るくらいのロードバイクだとそんな感じです。

また、長年乗っていると愛着が湧いてきます。機能性とかよりも重要です。「あのキツかった峠もこいつと走った。こいつとは苦しい時も、楽しい時も、いつも一緒だった。」と思うようになります。

2016-05-03 12.29.53

ボロボロなのも、ギアチェンが重いのも、全部ひっくるめて愛車です。「他人がごちゃごちゃ言ってんじゃねーよ。何も知らないクセに。」と思います。それでもって、たまに乗りたくなるんです。愛着があるから。

ロードバイクで最も重要なのは「エンジン」である「自分自身」

高額ロードバイクと使い勝手

たまに高いロードバイクを買って、傷つけるのが嫌で輪行を嫌がったりする方がいます。ロードバイクは乗って走ってなんぼです。大事にし過ぎて使い勝手が悪いのも問題だと思います。まぁ、気持ちは分かりますけど。

高額すぎるロードバイクも使い勝手が悪い

エントリーモデルのその後の使われ方

2015-05-24 11.24.17

ロードバイクを始める際には、普通いきなり高い物は買いません。いずれ飽きて乗らなくなるかも分からないからです。だいたい最初のロードバイクはエントリーモデルを買って乗ります。その後、ハマると上位モデルが欲しくなります。物欲です。

では、エントリーモデルのロードバイクは後々どうなるのか?概ね次のようになると思います。エントリーモデルのロードバイクを購入した時に、後々どう使うのか何となくイメージしておくと良いかも知れません。

  • 改造に改造を加えて機能性を高めて上位モデルを買わない。
  • これからロードバイクを始める人に譲る。
  • 輪行用とか予備車として使用する。
  • 中古で売って新車の資金にする。
  • 通勤・通学・街乗り用に使う。
  • ずっと大事に乗り続ける。
2016-05-03 14.10.04

最後に、このブログ記事で、結局何が言いたかったかと言いますと、世間一般でルイガノのエントリーモデルを悪く言う人、バカにする人ががいますが、ルイガノのロードバイクはそんなに悪いものじゃないですよ。結局、大事なのはエンジンとなる「乗る人」です。という事です。

もし自転車乗りの「魂」があれば、何に乗ったとしてもそのロードバイクは最強になり得る。ただし、それにはロードバイクとの思い出の数々が必要だ。これからロードバイクに乗るのであれば、いずれ分かる日が来る。そして、もしこの記事を読んでいる人が経験高い本物の自転車乗りであるならば、その顔はきっと笑みをこぼしているだろう。 そう願う。

コメント