ロードバイクの日焼け対策装備!夏の服装とは?手足首顔を対策する!

真夏にロードバイクでサイクリングをしていると日焼けしてしまいます。「日焼けして色が黒くなっても構わんよ。」という色黒の方は多いかもしれませんが、日焼けは軽い火傷と同じです。そのため体力的に消耗してしまいます。日焼け対策は体力消耗しないためにも重要な訳です。

また、最近のロードバイク用品は優秀な物が多く、地肌でいるよりも涼しくなるアームカバー、レッグカバーなどもあります。うまく使って快適な夏のサイクリングを楽しみましょう!

2016-07-22 11.10.10

目の日焼け対策

目の日焼け対策は最も重要です。目が紫外線の影響を受けると目から脳に情報が伝わりメラニン色素を作り出して日焼けします。また、紫外線が目の病気の原因となる場合もあるためサングラスで目を保護することがお勧めです。サングラスは「紫外線」だけでなく、「虫」「空中の浮遊物」「飛び石」「風からの乾燥」などから目を保護する役割もあるので、自転車乗りの方は必ず装着したい装備の1つです。

ロードバイク用のサングラスは顔にフィットするように湾曲した作りになっています。また、レンズが曇りずらく、目が風の影響を受けないように設計されています。そのため、自転車に使うサングラスはロードバイク用の物がお勧めです。

おすすめなロードバイク用のサングラスブランドとしましては「OAKLEY(オークリー)」「RUDY(ルーディー)」「SHIMANO(シマノ)KABUTO(カブト)」「LIV(リブ)」「LAZER(レーザー)」「POC(ポック)」等が有名です。

2017-09-10 14.19.02

自分はOAKLEY(オークリー)を使っています。眼鏡屋さんで度入りのレンズを作成してもらって5万円くらいしましたが、長期に渡って使えます。

 

紫外線が原因で起こる目の病気とましては「紫外線角膜炎」「白内障」「翼状片(よくじょうへん)」等があります。ロングライドの場合、使い切りの目薬を持って行って目をケアするのもお勧めです。

頭の日焼け対策

頭皮も日焼けします。頭皮の日焼けが酷いと炎症をおこして抜け毛の原因になるので対策したいところです。髪の毛も紫外線を多く浴びるとツヤがなくなりパサつきます。切れげや枝毛の原因にもなります。

ヘルメットを着用すれば概ね直射日光をさけられるのですが、自転車用のヘルメットは風を通す穴が開いているのでそこから日焼けします。そのためサイクルキャップを着用するのが一般的です。汗がしたたり落ちて目に入るのも防げます。ツバがあるタイプだと日除けにもなります。夏用のメッシュ素材のサイクルキャップがお勧めです。

顔の日焼け対策

顔の日焼け対策は通常日焼け止めを使います。ただ、顔の日焼けは気になるという方はフェイスマスクも使用します。各種メーカーが商品を出していますがPEARL IZUMI(パールイズミ)のFA3 UVフェイスカバー サイクルウェア[ユニセックス]がお勧めです。

2017-04-02 09.53.57

実際に使ってみると、耳に引っ掛ける紐が付いていて顔を圧迫しないでずり落ちも防止してくれます。息苦しさもありません。サイズも三段階で調節できるようになっています。

2017-04-02 09.54.28

口と鼻の部分が分かれる構造になっていてフェイスマスクをしたまま水分補給が可能です。耳と首の前後もカバーしてくれます。

2016-04-20 maskgrai

色は「ブラック」「グレー」「ターコイズブルー」「グレープ」があります。自分はサイクルジャージの色と合わせて「グレー」を購入したのですが、弟から「兄ちゃん、パンツ被ってるみたいだな。」と言われてショックを受けて「ブラック」を買いなおしました。

フェイスマスクは女性が多く使っています。ただ、冬の寒い時期には顔面の寒さに耐えられず男性も皆さんフェイスマスクを使います。パールイズミは冬用のフェイスマスクも商品を出していますが、東北地方や山岳地帯の様なよっぽどの寒さで無ければ夏用のフェイスマスクでも十分暖かいです。呼吸するので適度な温度と湿度がマスク内で確保されるため布一枚でも暖かいのです。

自分は冬用も購入しましたが、生地が厚くて結露するのと、冬用は耳に引っ掛けるタイプではなく鼻が抑えつけられるのが気に入らなくて冬でも夏用のフェイスマスクを使用しているほどです。夏から1枚フェイスマスクを持っていれば夏は日焼け対策、冬は寒さ対策と便利に使えます。

 

手(腕)の日焼け対策

手の日焼け対策としましては「アームカバー」を使う方法と、「長袖のサイクルジャージ」を使う方法と、「長袖のアンダーシャツ」を使う方法があります。それぞれに、長所と短所があります。自分は全部持っていますが「長袖アンダーシャツ」を使う方法に落ち着きました。どの方法を使うにせよ、ロードバイク用あれば「UVカット素材」「速乾素材」であることが最低条件です。

 

アームカバーで日焼け対策

アームカバーで手の日焼け止め対策をする場合、気になるのは2点。「ずり落ちてくる」ということと「半袖ジャージとアームカバーの間に肌がみえる隙間ができるとカッコ悪い」ということです。

2017-09-03 10.22.16

「半袖ジャージ」と「アームカバー」の間に肌がみえるとカッコ悪い!

良い点は、何といっても「取り外し可能」という点です。カフェで休憩する場合などに取り外して涼むことができます。別途持ち運ぶ場合にも荷物が少なく済みます。

パールイズミの商品が口コミ・評判で評価が高く有名です。「コールドブラック」という素材を使用してウェア内の体温を4度~5度下げてくれます。速乾素材で汗も直ぐに乾きます。最近のパールイズミのアームカバーは「ラッセルテープ」の性能が良くて、ずり落ちにくくできているとの評判です。ただ、タイトに作られているのでサイズ選びが難しいとの声もあります。

長袖のサイクルジャージで日焼け対策

2017-09-10 15.21.43

薄手の長袖サイクルジャージを着用すれば日焼け対策万全です。長袖サイクルジャージ1着で済みます。ただ、アンダーシャツと比べて汗の吸収はやや劣ります。中にファイントラックのアンダーシャツなどを着ると良いでしょう。finetrack(ファイントラック)アンダーシャツを使えば、寒い時期に汗冷えすることもありません。1年中使えるインナーです。

薄手の長袖サイクルジャージは春先~秋口まではアウターとして使用して、寒い時期にはインナーとしても利用できるので、こちらもほぼ1年中活躍できるアイテムです。

 

長袖のアンダーシャツで日焼け対策

2017-09-10 17.40.20

PEARL IZUMI(パールイズミ)のアンダーウェア+UVアームカバー!

4度~5度ウェア内の温度を下げてくれると商品パッケージに記載あります。実際に着用していると真夏でも体感温度が違います。汗を良く吸い上げてくれて肌はいつもドライな状態を保てるので汗の不快感もありません。

2016-06-11 anderwear

脱ぐときに脱ぎ難いのですがタイトなサイズ設計になっているのでその点は許容範囲です。UVカットも完璧で袖部分は「UPF50+」です。実際使っていて、ほぼ日焼けしません。

2017-09-10 17.41.41

真夏は「半袖サイクルジャージ」に「パールイズミのアンダーウェア」ばかり使うようになってしまいました。重ね着でオシャレです。機能面でも涼しくて汗の不快感も無く快適です。

冬用の物もあるので必ずメッシュ素材になっている夏用を購入必要です。パールイズミ製品の他にも良い商品があるかも知れませんが、やっぱりパールイズミは信頼感あるメーカーです。ハズレの商品がほとんど無いです。

 

手(腕)の日焼け止め対策まとめ
  長所 短所
アームカバー 取り外し可能 ずり落ちてくる
締め付けられる
長袖サイクルジャージ 1枚で済む(ただしアンダーシャツ着用がおすすめ)
ずり落ちてこない
締め付けられない
汗でベタつく
長袖アンダーシャツ 汗でべた付かない
ずり落ちてこない
締め付けられない
2枚着ることになる

 

指・手・手首の日焼け対策

サイクルグローブの夏用は指の部分がありません。指切りグローブです。指は日焼け止めを塗ってカバーするのが通常です。ただ夏でもフルフィンガーグローブの夏用があります。夏用のフルフィンガーグローブはUVカット仕様で通気性良く作られています。指の日焼けが気になる方にはお勧めです。手首までカバーしてくれる作りになっていて完璧です。晩秋のちょっと寒くなる時期まで使えそうです。男性用・女性用とがあります。

自分は「指切りグローブ」を使っています。注意すべきは手首までカバーしてくれる「指切りグローブ」でないと、手首に「日焼け止め」が必要です。自分はよく塗り忘れて手首だけ日焼けしています!

2016-07-22 17.18.17

手首に手錠をのような日焼けができます。ちょっとアホっぽい日焼けになります。

 

レッグカバーで足の日焼け対策

P_20170910_214537

「レッグカバーとか暑くない?」と思われるかと想像しますが、パールイズミのレッグカバーだと「コールドブラック」という素材を使用していて、直射日光を反射してくれるので体温上昇が4度~5度低くなります。紫外線もバッチリ防いでくれます。他のメーカーの安い素材だと暑い思いをする物もあります。

ちなみに、「アームカバー」も「レッグカバー」も通常「速乾性」の素材を使っているので、水で濡らしてから走ると、乾く時に気化熱を奪ってくれるので涼しいです。

余談ですが、自分は靴下のインナーに「ファイントラック スキンメッシュソックス5本指クルー」を使っています。「2枚も履いたら暑いんじゃないの?」と心配されるかと思いますが、足を常にドライに保ってくれて蒸れないので快適です。1年中使えるアイテムです。高い商品なので穴でも開いたら縫ってでも使うか!?と思っていたのですが破れも無く半年以上使えています。(使用頻度は週一回ペースです。)

2017-09-10 21.46.57

レッグカバーと短靴下の隙間も埋めてくれます。

 

日焼け止めとリップ

野外で長時間スポーツする場合には、やはりそれ用の日焼け止めを使用した方が良いです。汗をかくので水に強いタイプが良いです。特に顔は必須で、使用しないとサングラスとの境目で日焼け跡がクッキリと現れて面白い日焼けになります。

「SPF50以上」かつ「PA++++」かつ「スーパーウォータープルーフ(耐水性)」がお勧めです。もちろん肌に合う合わないの個人差があるので自分に合うかどうか試してみる必要があります。

ちなみにSPFとは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、紫外線B波を防ぐ力を数値で表示しています。紫外線によって日焼けしてしまう時間は個人差があって大体15分~20分と言われていますが、SPFはその時間をどれだけ遅らすことが出来るかを数値で表示しています。例えば日焼けするのに20分かかる人がSPF30を使った場合「20分×30=600分(10時間)」という計算になります。

また、PAとはプロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略で、紫外線A派を防ぐ力を表示しています。「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階で強さを表示しています。

2017-09-10 23.13.51

自分は日焼け止めは口コミ・評価の高い「アネッサ パーフェクトUV アクアブースター」を使っています。持ち運びしやすい25mlの小さい物がお勧めです。

ちなみに、唇はリップクリームを使います。真っ赤にハレたたらこ唇にならずに済みます。自分は肌荒れしにくいと評判の「カントリー&ストリーム UVリップクリームHM」を使っています。※フェイスマスクを使用する場合は使いません。

 

日焼けしやすい時間帯とは?

午前10時~午後3時の5時間の間に、1日の間に降り注ぐ紫外線量の50%が降り注ぐ」と言われています。逆に考えれば、日焼け対策としてこの時間帯を避けられれば受ける紫外線の量を大幅にダウンさせることができます。

 

日焼けした場合のケア

顔の日焼けには顔パック

パックと聞くと男性は「女子じゃないんだから、使わないよ。」とおっしゃるかも知れません。ただ、日焼けは火傷と同じなので冷やして「水分」と「栄養」を補給することが肝要です。そのため顔パックがお勧めです。アフターケアに騙されたと思って使ってみて下さい。

P_20170910_235423

自分はロングライドした後に刺激の少ない「毛穴撫子 お米のマスク」を使用しています。

火傷・日焼けにはアロエ

アロエがあれば、果肉を日焼けした箇所に塗ります。

ちなみに、アロエは使用前に煮沸消毒(75度で1分間程度)して減菌処理します。軽い日焼けであれば減菌処理まで必要ありませんが、日焼けがただれているような場合はアロエについている雑菌から感染症の危険がありますので減菌処理するという訳です。煮沸消毒が面倒な方には市販の「アロエベラウォータージェル」もあります。

フォローして頂けると、ブログ更新を見逃しません。次はもっと面白くなりますよ!

follow us in feedly

コメントを残す