自転車通勤の適正距離と限界距離について

自転車通勤
スポンサーリンク

どれくらいの距離までなら自転車通勤が可能なのか?一般的な成人なら片道15kmが通勤限界距離」と考えられます。平均時速20kmで走って45分です。実際に自転車通勤している人たちに聞き込みしたリアルの意見を元に、自転車通勤の走行距離別の解説をまとめておきます。

一般レベルの成人が季節の良い時期にロードバイクで自転車を始めた場合という設定で自転車通勤の適正距離と限界距離を解説します。平均時速は信号でのストップアンドゴーがあることを前提に時速20km程度で走れるレベルが一般成人レベルと定義します。

20170326-tuukinnkyori

自転車通勤距離 片道0km~5km

近すぎて余裕です。ママチャリでも十分通勤できます。慣れてくると物足りなくなってわざわざ遠回りして帰宅するなどの楽しみを探したくなるはずです。

周りの人からは「近いから自転車で通勤してるんだねー」と普通の反応でしょう。

自転車通勤距離 片道5km~10km

快適に通勤できる距離です。自転車通勤に最適な距離です。10kmの距離だと時速20kmで走って30分です。季節の良い時期ですと丁度気持ちいいなと感じる頃に到着します。

周りの人からは「結構距離あるのに自転車で通勤してるんだー凄いねー」と言われる程度の反応でしょう。

自転車通勤距離 片道10km~15km

15kmくらいあってもロードバイクを使えば通勤可能です。通勤距離15kmだと時速20kmで走って45分です。普通にトレーニングしている人や自転車通勤に慣れた人であれば気持ちよく通勤できる距離帯です。しかし、運動不足のサラリーマンには少々厳しい距離でもあります。

周りの人からは「えっ!どこから自転車通勤してるの?本当なの?」と驚かれるくらいの距離になります。

ちなみに、毎日自転車通勤するならこの15kmが通勤可能かどうかの目安になります。坂道があるかどうかなど通勤条件の違いもありますが、15kmを超えてくるとアスリート気質になってきます。

自分は13km程度の平坦な道のりを自転車通勤していましたが、快適に自転車通勤できる距離はこのくらいの距離だと実感しています。

自転車通勤距離 片道15km~20km

アスリート気質な自転車乗りでないと耐えられないレベルです。ちゃんとトレーニングをしていないと厳しいレベルです。無理して仕事中に居眠りしないようにする必要があります。

周りの人からは「えーー!そんな距離、本当に自転車で来れるの?」と驚かれます。そして多少引かれます。注意しましょう。

自転車通勤距離 片道20km以上

アスリートです。アスリートが普段のトレーニングとして通勤時間を使っている!といった感覚の距離です。サイクリストでも「自転車通勤何kmくらい走っているんですか?」と聞いて「25kmだよ」などと答えられたら確実に「この人ヤバイ!まじでアスリートだ!」と思います。

周りの人からは「えっ?20km自転車通勤?ちょっと意味が良く分からないですけど・・・」といった反応があります。ちょっと変わった人といった目で見られます。

毎日片道20km以上も自転車通勤していたら、きっと体から何かしらのオーラが漂ってくるはです。私の会社にトライアスロンにも出場される先輩が20km程度の自転車通勤をされているのですが、ただ者ではない雰囲気と存在感が漂っています。

通勤者の体力と諸条件による限界距離の変化

自転車を始めたばかりの運動不足の方なら片道3kmだって汗だくになりその後仕事になりません。アスリートクラスの人はら片道25kmだって余裕です。

また、通勤経路が信号ばかりでストップアンドゴーを繰り返す場合は体に掛かる負担も大きくなりますし平均速度も落ちてしまいます。乗る自転車の種類でも条件は違ってきます。ママチャリで通勤するのとロードバイクで通勤するのとでは疲れ方が全然違ってきます。

天候・気候でも疲労度が違ってきます。真夏の酷暑日や厳寒の冬であればより体力を削られます。このように諸条件で通勤可能距離は変わってきます。自分の通勤環境がどのような環境なのか確認しておきましょう。

自転車通勤と体調管理

自転車通勤を始めると体調の悪い時も出てくるかと思います。電車や車と併用するなどして無理しないようにした方が無難です。

実際に自転車通勤をしていますと、週末近くになって睡魔に襲われるようになることもあります。そのため毎日の睡眠時間の確保は必須ですし、夏場や厳寒の冬などは体力消耗も激しくなるため、水分補給をこまめにすることや、寒さ対策なども重要になってきます。

何よりも安全第一の自転車通勤生活をお祈り致します。ご安全に。

2015-11-15 12.22.55 tekiseikyori

自転車別 出せる平均速度まとめ

自転車別の出せる平均速度の目安をまとめておきます。こちらも一般的な成人男性が乗った場合の速度目目安となります。通勤に使う自転車を選ぶ際の参考にご利用下さい。

自転車種類平均時速
ママチャリ10km~20km
マウンテンバイク15~23km
クロスバイク15~25km
ロードバイク15~30km

ママチャリは重量が重くタイヤも太いのでどうしても速度がでません。マウンテンバイクはタイヤがブロックタイヤなので路面抵抗が増えて速度がでません。タイヤを変えてやると早く走れます。クロスバイクよりロードバイクの方が重量が軽い場合が多く、自転車性能も高い物が多いので大概の場合は速い速度が出せます。

自転車通勤するのに必要なの装備・備品

自転車通勤に必要な装備・備品類については別記事をご参照下さい。

ロードバイク初心者に必要な装備・備品は何か?
初めてロードバイクを購入する際に、最低限必要な装備・備品があります。たとえば、空気入れが無いとタイヤに空気も入れられません。パンクした時のためにパンク修理キットや予備チューブも必要です。自分が購入する際に調べた内容ですが「ロードバイクを始め...

コメント

タイトルとURLをコピーしました