自転車通勤の適正距離と限界距離について

自転車通勤を始める際に気になるのが、どれくらいの距離までなら自転車通勤が可能なのか?ということです。答えは「その人の力量による」が正解です。始めたばかりの運動不足の方なら片道3kmだって汗だくになりその後仕事になりません。アスリートクラスの人はら片道25kmだって余裕です。また、通勤経路が信号ばかりでストップアンドゴーを繰り返す場合は体に掛かる負担も大きくなりますし平均速度も落ちてしまいます。真夏の酷暑日や厳寒の冬であればより体力を削られます。

ということで、一般論として普通のサラリーマンが季節の良い時期に自転車を始めた場合という設定で自転車通勤の適正距離と限界距離を解説します。平均時速は信号でのストップアンドゴーがあることを前提に時速20km程度で走れるレベルが普通レベルと定義します。

20170326-tuukinnkyori

 

自転車通勤距離 片道0km~5km

近すぎて余裕です。ママチャリでも十分通勤できます。慣れてくると物足りなくなってわざわざ遠回りして帰宅するなどの楽しみを探したくなるはずです。周りの人からは「近いから自転車で通勤してるんだねー」と普通の反応でしょう。

 

自転車通勤距離 片道5km~10km

快適に通勤できる距離です。自転車通勤に最適な距離です。10kmあると時速20kmで走って30分です。季節の良い時期ですと丁度気持ちいいなと感じる頃に到着します。周りの人からは「結構距離あるのに自転車で通勤してるんだー凄いねー」と言われる程度の反応でしょう。

 

自転車通勤距離 片道10km~15km

自分の通勤距離は13km程度なのでこの距離帯です。15kmくらいあってもロードバイクを使えば通勤可能です。通勤距離15kmだと時速20kmで走って45分です。普通にトレーニングしている人や自転車通勤に慣れた人であれば気持ちよく通勤できる距離帯です。しかし、運動不足のサラリーマンには少々厳しい距離でもあります。一般的な人から見て「えっ!どこから自転車通勤してるの?本当なの?」と驚かれるくらいの距離になります。ちなみに、毎日自転車通勤するならこの15kmが通勤可能かどうかの目安になります。坂道があるかどうかなどの違いもありますが、15kmを超えてくるとややアスリート気質になってきます。

自分は13km程度の平坦な道のりを自転車通勤していましたが、快適に楽しく自転車通勤できる距離はこのくらいの距離だと思います。

 

自転車通勤距離 片道15km~20km

アスリート気質な自転車乗りなら耐えられるレベルです。ちゃんとトレーニングをしていないと厳しいレベルです。無理して仕事中に居眠りしないようにする必要があります。一般人から「えーー!そんな距離自転車で来れるの?」と驚かれます。そして多少引かれます。注意しましょう。

 

自転車通勤距離 片道20km以上

アスリートです。アスリートが普段のトレーニングとして通勤時間を使っている!といった感覚です。一般的な自転車乗りから「自転車通勤何kmくらい走っているんですか?」と聞かれて「25kmだよ」などと答えたら確実に「この人ヤヴァイ!まじでアスリートだ」と思われます。一般人から見たら「えっ?20km自転車通勤?意味が良く分からないですけど・・・」といった反応があります。きっと体から何かしらのオーラが漂っているはです。私の会社にトライアスロンにも出場される先輩が20km程度の通勤をされているのですが、ただ者ではない雰囲気と存在感が漂っています。

 

上記は目安としてご参考下さい。実際には体調の悪い時も出てくるかと思います。電車や車と併用するなどして無理しないようにした方が無難です。実際に自転車通勤をしていますと、週末近くになって睡魔に襲われるようになることもあります。毎日の睡眠時間の確保は必須ですし、夏場や厳寒の冬などは体力消耗も激しくなります。水分補給をこまめにすることや、寒さ対策なども重要になってきます。何よりも安全第一の自転車通勤生活をお祈り致します。ご安全に。

2015-11-15 12.22.55 tekiseikyori

自転車通勤するのに必要なの装備・備品

自転車通勤に必要な装備・備品類については別記事「ロードバイク初心者に必要な装備・備品は何か?」をご参照下さい。

フォローして頂けると、ブログ更新を見逃しません。次はもっと面白くなりますよ!

follow us in feedly

コメントを残す