自転車通勤の雨対策は?

自転車通勤

自転車通勤するのであれば雨天の時はどうするか?対策を考えておく必要があります。雨具のお勧めグッズと合わせて、対応策をまとめておきます。

雨の日の自転車通勤はどうするか?

できれば雨天と分かっている時は可能であれば自転車で通勤しないという選択がお勧めです。自動車からの視界も悪くなるのとスリップなど雨ならではの危険が出てくるからです。また、雨天時にパンクなどすると修理が大変です。

しかしながら自転車で無いと通勤手段が無い場合は自転車通勤する必要があります。また、小雨程度なら満員電車に乗るよりも自転車通勤の方がマシという方もみえるでしょう。

雨の日の自転車通勤で注意すべきこと

雨天時にはスリップに注意して下さい。例えばマンホールの上はスリップし易かったりします。急ブレーキを掛けても制動距離が長くなっているので急には止まれません。異物がタイヤに刺さりやすくなりパンクの可能性が高くなります。路肩には雨で流されてきた異物が増えている可能性もあります。路面に注意が必要です。

また、帰宅後には濡れた自転車のメンテナンスが必要です。濡れたままにしておくと錆びの原因となります。寒い時期であれば濡れた体をケアする必要も出てきます。

傘さし運転は罰金の可能性あり

傘をさして自転車運転する行為は、都道府県の条例で規制されている場合が多く5万円以下の罰金となる場合もあります。傘さし運転で事故した場合には当然責任を問われますし、そもそも片手なので安全に自転車を運転できません。最近では傘を固定する器具を使っても違反となるので注意が必要です。

自転車用のレインウェア

傘さし運転は禁止なので、雨の日に自転車通勤するのであれば、レインウェア(カッパ)が必須です。しかし通気性が無いレインウェアを購入してしまうと、レインウェア内の熱と湿気が逃げないので汗で雨に濡れたのと同じくらいに蒸れてしまいます。

レインウェアは湿度を逃がす機能があるタイプがお勧めです。自転車メーカーが出しているレインウェアであれば大抵湿気を逃がす機能と小さく折りたためる機能が付いています。事項以降では自転車用の雨具をいくつか取りあげます。どのタイプの雨具を買うかの参考になれば幸いです。

ポンチョタイプのレインウェア

created by Rinker
MARUTO(マルト)
¥2,344(2020/10/19 15:03:29時点 Amazon調べ-詳細)

ポンチョタイプのレインウェアのメリットは値段が安いのと、ママチャリの場合に買い物かごまでカバーできる点です。袋から取り出してサッと羽織ればスグに使えて便利です。デメリットは風で煽られるとめくれてしまう点です。

また、ポンチョタイプは自転車以外の通常時に使ってもオシャレなタイプも売られています。汎用性が高い点はお勧めです。

一般的な自転車レインウェア

一般的なレインウェア上下セットです。自転車に使うのであれば浸湿機能は必須です。ママチャリなどスピードを出さずに走るなら空気抵抗をあまり考える必要がないので、価格も抑えられたこのタイプで十分機能を果たします。

シューズカバーもあれば靴も濡れません。自転車だけでなく徒歩でも使えるので持っていると重宝します。

ネット販売商品の他に、一般的な雨具についてはワークマンの商品も人気が有るので、近くに店舗が有る方は見に行ってみるのもお勧めです。

ロードバイク用レインジャケットなど

ロードバイク用の雨具のデメリットとしては、ロードバイク専用の商品は高品質な代わりにお値段が高いと言う点です。メリットは機能性、デザイン、収納がコンパクトととにかく使い勝手が良い点です。長く使うのであれば専用商品がお勧めです。

ロードバイク専用のレインウェアとしてお勧めなのは「カペルミュール」のレインジャケットがお勧めです。質感も良くロードバイク用なので蒸れにくく、風の抵抗も少なく、コンパクトに収納可能です。やはり専用商品は機能性も耐久性も高く信頼があります。

「パールイズミ」の商品も良いのですがお値段とデザインを考慮すると「カペルミュール」に分があります。

探せば安い物もあります。安い物は当たりはずれがあるので口コミをよく読んで検討する必要があります。

下半身もロードバイク用であれば摩擦にも強く、蒸れにくく、コンパクトに収納できます。パールイズミ商品は信頼度が高くお勧めです。

シューズカバーはレーサーシューズ用の物もあります。

ヘルメットカバーもあります。顔は濡れてしまいますが・・・

created by Rinker
PEARL IZUMI(パールイズミ)
¥8,033(2020/10/19 15:03:35時点 Amazon調べ-詳細)

シューズカバーやヘルメットカバー、レイングローブなどもあります。寒い時期だと手がかじかんでしまうので必要になります。

created by Rinker
ブリヂストン(BRIDGESTONE)
¥1,382(2020/10/19 17:16:51時点 Amazon調べ-詳細)

また、ロードバイクやクロスバイクには泥除けが無いのが通常なので泥除けは別途購入必要となります。

カバンについては防水の物を選ぶかビニール袋などに入れて防水する必要があります。

天気予報の確認は雨雲レーダーがおすすめ

雨が降るのかどうか怪しい場合にはYahoo!天気などのサイトにて雨雲レーダーを見て判断すると天気が崩れるかどうか判断し易くお勧めです。雨雲の動きから判断するので大きく見誤ることも少なくて済みます。場合に寄ってはこの雨雲が過ぎ去ったら晴れるだろうから雨宿りしてやり過ごそうかなどという的確な判断も可能になります。

まとめ

雨の日は基本自転車通勤しないのがお勧め。乗るのであればレインウェアと泥除けなどが必要。自転車の防錆び処理も必要。雨が降るかどうかの判断は雨雲レーダーが頼りになる。

コメント