ロードバイク用フロントライトの選び方とおすすめ

ロードバイク用ライトの選び方とお勧めのライトについてですが、「明るさ」「防水性」「操作性」「重量」「デザイン」「電源」の機能によって選定しています。単純にロードバイクで使うフロントライトは通常時に使ったり「キャンプ」や「登山」等で使ったりするのと用途が違う訳です。「明るさ」「防水性」「操作性」「重量」「デザイン」「電源」が重要な理由と実際のおすすめ品を下記にて説明させて頂きます。ご参考までに。

明るさ100lm(ルーメン)以上を長時間使用できること

ロードバイクのフロントライトとして一定の明るさが無いと安全上厳しいです。走行時に車に認識してもらえなければ事故に会う危険性も高まるのでフロントライトの「明るさ」は死活問題です。ライトのハイモードを使用すると明るいのですが、数時間で電池が無くなってしまう場合が多いので最高出力の明るさだけで購入を判断すると痛い目を見ます。ミドルモード等で100ルーメン以上の明るさを長時間出せる能力があると使い勝手が良いです。市街地など街灯がある所を走るのであれば0ルーメン以上~100ルーメン程度あれば大丈夫です。また、明るさについては一部分だけを照らす「集光」が優れていているだけでなく「周辺まで照らしてくれる能力」が欲しいところです。周辺を照らせないライトの場合は複数のライトを取り付けることで対応するという手段もあります。

 

【状況別欲しい明るさの目安】

市街地など街灯下 ~100lm
街灯の少ない田舎道 100lm~200lm
街灯の無い場所 200lm~400lm
山の峠道などの暗闇 400lm~

※個人の主観です。

 

防水性に優れていること

ロードバイクの走行中に雨に降られてライトが故障してしまっては致命的です。浸水しないゴムパッキンなどの防水性は絶対に必要です。ブルべに参加される方などは暴風雨の中でも走行することになる場合もあるので防水が甘いと浸水して故障してしまう可能性があります。防水性能は最低レベルクリアする必要があります。

 

重量が軽いこと

電池を含めた総重量が軽いこと。長距離走る場合には軽いに越したことはありません。ただ「街乗り」や「自転車通勤」程度であれば重量についてそれほど気にする必要はないかと思います。

 

デザインがダサくないこと

人によってはダサくてもいいよ別に。と言われる方もいるかもしれませんが、折角なのでカッコいいオシャレなフロントライトを付けたいところです。また、デザイン的に空気抵抗が大きくなりそうなライトは避けた方が無難です。コンパクトでシンプルなデザインが良いでしょう。素材にしても安いプラスチック素材だと落としたりして衝撃が加わった際に割れてしまう恐れがあります。

 

操作性が良いこと

ロードバイクでは走行中にライトの明るさの設定変更等する必要が有る場合があります。操作性の良いライトである必要があります。5モード選べてSOS信号も出せるライトがキャンプや登山などの用途では便利が良いのですが、自転車用のライトとしては使い勝手が良くありません。何故なら変更したいモードにたどり着くのに5回ボタンを押す必要があるからです。3モードくらいのライトが使い勝手が良いです。ただし、例外として5モードでもサイドスイッチなど複数のボタンで操作性の良い物もあります。

 

電源が安定していること

ライトの電源として「乾電池」「ハブダイナモ」「18650型」「USB充電式」「リチウムイオン充電式」等があります。それぞれに利点と欠点があります。当然ですが、予備電源を確保し易い物が使いやすいです。

 

リチウムイオン充電式ライトのおすすめ

リチウムイオン充電式のヘッドライトです。キャットアイ(CAT EYE)等の自転車周辺備品を制作している専用メーカーが手掛けている商品がお勧めです。特に「VOLT400」または「VOLT800」がお勧めです。デザイン的にもスリムでかさばらずスマートなハンドル周りを演出します。専用のリチウムイオンバッテリーを使うので単三電池などとの互換性はありません。その分スリムなデザインになっています。お金に余裕があれば予備バッテリーも購入しておきたい所です。

VOLT400とVOLT800の違い比較表

品名 VOLT400 VOLT800
重量 120g 140g
使用電源 Li-on3.6v 2200mAH Li-ion 3.6V 3100mAh(カートリッジ式)
サイズ 111.5×31×38mm 116×31.2×43.2
電池持ち ハイ:約3時間400ルーメン
ミドル:約8時間100ルーメン
ロー:約50時間50ルーメン
ハイパーコンスタント:約11時間400ルーメン
点滅:約60時間50ルーメン
ハイ:約2時間800ルーメン
ミドル:約3.5時間400ルーメン
ロー:約8時間200ルーメン
ハイパーコンスタント:約7.5時間
点滅:約100時間

個人的にはフロントライトとして「VOLT400」が価格と性能のバランスが良く、デザイン的にもオシャレで最もお勧めのライトです。お金に余裕があれば「VOLT800」や「VOLT1600」を購入しても良いかも知れません。フロントライトは一度購入したら、そうそう買い替えることも無い物です。良い物を購入しておくのも一つの考えです。

特にVOLT800はローモード200ルーメンが8時間使用できて使い勝手が良いと評判です。ブルベをされる方にはVOLT400よりVOLT800の方がお勧めです。市街地を走ることがほとんどという方にはVOLT400がお勧めです。

ちなみに、バッテリーは「VOLT800」「VOLT400」「VOLT300」「VOLT50」と互換性があります。VOLT400にVOLT800の大容量バッテリーを使うことも可能という訳です。

 

volt400

volt800

※キャットアイ公式サイト参照

 

リチウムイオン充電式フロントライトで値段の安い物を探しているのであれば、先に紹介したキャットアイ社製品の「VOLT200」がお勧めです。また、リチウムイオン式かどうか不明ですが、充電式として使えるBV(ビーブイ)の「クールホワイトLED充電式自転車用ライト」も低価格帯ではお勧めです。街乗りに使用して街灯の下を走るのであればこちらで十分役割を果たします。

街中での使用の場合、「盗難」も怖いので安いフロントライトにしておいた方が無難かもしれません。用途に応じて使い分けるのも賢い選択です。

ちなみに、「VOLT100」は「VOLT200」と価格差がほぼ無いのに機能的に劣るので「VOLT200」の購入がお勧めです。

品名 BV(ビーブイ)クールホワイトLED充電式自転車用ライト
重量 62g
サイズ 8cm×4cm×2.7cm
電池持ち ステディ(点灯):4時間
ロービーム:8時間
点滅:12時間

キャットアイ以外のリチウムイオン電池式フロントライトも色々出ています。個人的にはキャットアイの「VOLT」シリーズが信頼でき、お勧めなのですが、「デザインの好み」や「価格」で比較検討するのも賢い消費者なのかもしれません。

探してみると聞きなれないメーカーから安くて性能の良いフロントライトが販売されていたりもします。例えばOrinsongのLEDライトはバックライトとセットで値段もお値打ちで500ルーメンの明るさがあったりします。Amazonの口コミを見るとほとんど「非常に良い」ばかりなので販売元が依頼して書いてもらってるんじゃないのか?と勘繰りたくなりますが、価格と性能だけ見れば良い商品の様子です。こういった商品も探せば沢山あるので、掘り出し物を探してみるのも良いかも知れません。

品名 Orinsong LEDバックライトセット
重量 本体重量の記載無し。配送重量240g
使用電源 2600mAhリチウム電池
サイズ 11.2cm×4.1cm×8.3cm
電池持ち 強ライト:4時間
フラッシュ:5-6時間
弱ライト:8時間

 

 

 

他には、自転車用品を販売しているメーカー「LEZYNE(レザイン」が出しているライトのデザインがオシャレだったりします。LEZYNE(レザイン)の製品は全般的にオシャレです。

 

 

乾電池式ライトのおすすめ

乾電池はコンビニ等で購入して利用できる環境では場合は便利です。また、エネループを使う等して利用すれば経済的にも負担は少なくて済みます。エネループは家電に転用もできる点も便利が良いです。

ただ、使い勝手での注意点として、暗所での電池交換時に「+」「ー」の電極を間違える可能性もあり面倒な一面があります。明るさについても、リチウムイオン充電式等のライトと比べて劣ります。

そして現状、他の電源形式と複数対応のライトが多く、乾電池しか使えないというライトは少なくなってきています。ただ、「18650電池」と「乾電池」を併用できるライト等は「18650電池」のみ対応のライトと比べ、乾電池用のアジャスター等に対応させるため、大きくなるのが普通です。そのため複数電源対応のライトが一概に良いという訳でもありません。

写真は自分がかなり昔に購入したキャットアイ(CAT EYE)の「HL-EL510」単三電池4本で使用するタイプです。

20170115-enroop

乾電池式ライトで、コンパクトで使い勝手が良いのがキャットアイの「HL-EL140」です。単三電池2本で使うタイプで、明るさは約400カンデラ(15ルーメン)とやや心もとない明るさですが、街灯下での走行であれば問題ありません。電池持ちは点灯で約30時間、点滅で約200時間です。

 

ハブダイナモ式ライトのおすすめ

ハブダイナモとは「自転車のハブの中心部に取り付けて使う直流式の発電機」のことを言います。ハブダイナモホールは使ってみたいのですが高額なので手がでません。部品を購入して自分で取り付けようと思ってもスポークの組み立てとか敷居が高いです。通は自転車屋さんに相談して取り付けして頂くことになります。

ハブダイナモはハブの中心部にダイナモが存在するので、ママチャリについているようなタイプと違って抵抗は少ないです。ドイツ製のSchmid(シュミット)SonDelux(ソンデラックス)がブルべライダーに使用者が多い様子です。ハブダイナモの問題点は走行中に送電線が切れるようなアクシデントがあった場合は致命傷となることです。その点は外付けのライトに軍配が上がります。

ドイツ製のSchmid(シュミット)のSonDelux(ソンデラックス)は3万5千~4万円程度

20170107-sondelux

 

18650電池式ライトのおすすめ

18650電池とは「直径18mm長さ65.0mmサイズのリチウムイオン蓄電池」のことを言います。後ろの3桁が直径を示しています。18650電池以外にも26650電池や17670電池がありますが、18650電池が世界中で最も使われているので、18650電池を選択した方が無難です。

18650電池は、有名な所ではモバイルバッテリーやノートPCのバッテリー等に使われています。500回程度繰り返し充電して使用できる性能があります。ただしリチウムイオン電池は過充電すると発火する恐れがあります。ノートPCが飛行機内で発火してニュースになっていたので覚えている方も多いかと思います。そのため通常、保護回路が(ー)電極側についていて過充電を防いでくれます。保護回路が付いているため実際の長さは67~69mm程度になります。使用する機器のスプリング幅によって調整できて使える場合が多いのですが、機器の設計が65mm丁度で設計して余裕が無い場合などは69mmの18650電池が入らない場合もあるようです。購入前にその点は注意が必要です。あと、信頼できない海外製品だと発火・爆発の可能性が怖いので日本製を選びたい所です。悪質な海外品では電池の中に砂を詰めている物もあったとのことです。

18650電池としましては、下記商品の「3500mAH 2本+L2 純正充電器セット」が評判良いです。

ちなみに300km以上のブルべだと夜間走行があります。ブルベでは故障時の予備を考慮してフロントライトを2灯以上使用するのがルールです。そのためブルベに使用される方は電池をライトの中に2本、予備を2本、合計4本以上は持っていたいところです。

 

18650電池を使ったライトとしては下記のTN12が評判良いです。上記の電池が使用可能です。最高Turboの設定で1100lm(ルーメン)の明るさが出せます。ムチャ明るいです。しかし電池の消耗が激しいので実際の走行ではHighの設定で使用が現実的です。Highで435lm(ルーメン)出せます。

また、操作性に関しましてはテールスイッチで電源の「入/切」をして、「ストロボ機能」はサイドスイッチの長押し、「明るさの切り替え」はサイドスイッチを押すたびに切り替えです。これならロードバイクの走行中にも使いやすく便利です。よくある5モードとかだと、テールスイッチを押すたびに「ハイ → ミドル → ロー → ストロボ → SOS」と切り替わるのですが何度も押す必要が有り操作性が良くありません。フロントライトの操作に意識を取られてしまうとロードバイクでの走行への危険性が高まります。その点安心できる操作性です。

 

上記TN12が価格的に高くてちょっとなぁーという方にはMB-101がおすすめ。小さくて軽いのと、CREE社「XML-L2 LEDチップ使用」のかなり明るいライトです。(従来のXML-T6 LEDより明るくて、発熱も抑えられている)3モードで「強」「弱」「ストロボ」と使用方法が単純なので、5モード式よりロードバイクでは使い易く便利です。ズーム機能があるので集光・拡散できおすすめです。唯一問題なのはズーム機能があるためスライド部分から浸水しないか不安が残るという点です。

USB充電式ライトのおすすめ

USBで充電が出来て使い勝手が良く「自転車通勤」「街乗り」「ポタリング」などにお勧めです。特にお勧めなのが下記の「SunspeedUSB充電式ライト」です。明るさは300lm(ルーメン)で先に紹介したライトより劣りますが、18650電池と単4電池に対応した非常に使い勝手が良いライトです。「ライトホルダー」「18650電池」「リアライト」も付属していて、値段的にもコストパフォーマンスが最も良くおすすめです。ただ、単四電池も使えるように設計されているためライトの直径が3.3cm程度とやや大きめです。デザイン的にはキャットアイの「VOLT400」等のスリムなモデルに劣ります。

実際に購入したので別記事にてレビューしてみました。ご参考までに。

 

スマホ充電用バッテリー+ライト機能のおすすめ

スマホ充電用バッテリー兼ライトとしても使えるタイプのLEDライトを1つ予備で持っておくと安心です。高・低・点滅の3モードで防水機能付きのLEDライト機能があります。意外と侮れません。下手な自転車用ライトを使うよりスマホの充電もできて使い勝手が良いかも知れません。コストパフォーマンスもかなり良いです。もちろん、正式な自転車用ライトと比べれば明るさが足りないので、予備としての利用がお勧めです。メインライトの電池切れ時に役立ちます。バイクライドホルダーを使って自転車に固定できます。

法律に違反していないこと

最後に自転車は軽車両としてどのようなライトを使用するか法律できまっています。法律を遵守して安全なライドを楽しみましょう。法律の内容としましては、自転車のフロントライト(前照灯)は白色または淡黄色で夜間に前方10メートルの距離にある交通上の障害物を確認できるもの。テールライト(反射器材)は橙色または赤色で、夜間後方100メートルの距離から点灯を確認できるもの。と決まっています。おそらく進行方向が分かるようにとのことで、前方と後方とで色が決まっています。車と同じ配色なので分かり易いです。

※法律と記述しましたが正確には「公安委員会」が地方自治法、警察法、道路交通法に基づく規則制定権によって制定した規則によります。

 

で、結局フロントライトの最もお勧めは何?

で、最終的に私のお勧めのフロントライトはキャットアイの「VOLT400」です。ほとんどの方にはVOLT400の性能があれば事足ります。お財布に余裕があれば機能面で勝る「VOLT800」「VOLT1600」を購入しても良いですが明るすぎて持て余すという話も聞きます。峠道を夜間走るなどのブルべライダー向きです。また、市街地しか走らないというかたには「VOLT200」が低価格でお勧めです。

2017-05-05 16.17.55

デザインもオシャレな「VOLT400」価格と性能のバランスが良い。

2017-05-05 16.17.43

コンパクトで使いやすい。予備バッテリー(BA-3.4またはBA-2.2)を別途購入しておけば電池切れも怖くない。予備バッテリーは別売のオプションパーツの急速充電クレードル2(CRA-002)を使えばスマートフォン等への充電も可能。ただし、iPhoneの充電には専用ケーブル(別売り)が必要。

 

 
フォローして頂けると、ブログ更新を見逃しません。次はもっと面白くなりますよ!

follow us in feedly

コメントを残す