自転車ライトVolt400KIT(セット)購入をやめた理由とは?

ロードバイク用のフロントライトを購入するにあたって色々と調べた結果、信頼できるメーカーはCAT EYE(キャットアイ)だ!しかも、夜街灯の少ない田舎道をロードバイクで走るにあたって明るさを十分に確保できるライトを購入したい。この私の希望を叶えてくれるタイトはVolt400Volt800かだ。という結論に至りました。

そして、Volt800とVolt400とどちらを購入するか迷った結果、Volt800は自分にはオーバースペックだと判断してVolt400を購入することにした次第です。

そして販売ページに行くと!?「Volt400 KIT」なる物があるではありませんか。Volt400は単品だと急速充電できません。付属の「Micro-USBケーブル」で充電すると6時間かかります。しかし、別売のクレードルを使えば3時間~5時間で充電可能です。その急速充電に必要な「クレードル」と「予備バッテリー」をセットにした商品が「Volt400KIT」なのです。

「Volt400KITで買えばお得なんじゃないの?よし買おう。」いや、ちょっとまてよ買う前に調査してブログ記事にしよう!とブロガー根性で調べてみました。

 

Volt400 KITの内容

Volt400本体」「フレックスタイトブラケットH-34N」「USBケーブル(microUSB)」「CRA-001急速充電クレードル」「BA-2.2カートリッジバッテリー」※カートリッジバッテリーが本体に装着された1本とスペアが1本付属

volt400kit

バッテリーも2本あるし、クレードルもあるし、良いんじゃないのか?と思いもしました。KITで買うと購入する時期にもよりますが単品で、それぞれ購入するより1000円~1500円程度安く買えるからです。

 

Volt400KITを買わない理由

しかし、KITに付属するのは「CRA-001急速充電クレードル」です。CRA-001ではなく「CRA-002急速充電クレードル」を単品購入すれば、VOLTのバッテリーをモバイルバッテリーとして使用可能になります。モバイルバッテリーを別途持って行かなくても済むのはありがたいです。スマートフォンやガーミンなどの充電ができるからです。また、信頼性の薄い中華モバイルバッテリーだと発火の危険性もあります。信頼のキャットアイ製品なら安心できます。

cra002

そして、Volt400のバッテリーはVolt800とも互換性があります。だったらKIT付属の「BA-2.2カートリッジバッテリー(2200mAh)」よりも「BA-3.4カートリッジバッテリー(3400mAh)」を単品購入した方がライトを長時間使えます。モバイルバッテリーとして使う場合でもより活躍できそうです。値段はBA-3.4の方が1000円以上高くなりますが1200mAhバッテリー容量に差があるので「BA-3.4カートリッジバッテリー(3400mAh)」を購入することにしました。

20170914-ba-3.4

 

最終的に購入した内容

という事で結局、「Volt400KIT」「BA-3.4カートリッジバッテリー(3400mAh)」「CRA-002急速充電クレードル」を購入しました。

 

ん?

 

結局、「Volt400KIT」買っとるやん!

記事タイトルと最終結果違っとるやん!

Volt400KIT(セット)購入をやめた理由言うたやん!

それどころか余分に単品購入追加しとるやん!

 

調べていたら、バッテリー3個体制もいいな。セットで買えばクレードル2つ持ちになれるし。ブロガーだから試してみなかん!と理由ばっかり並べて・・・

 

物欲に負けました。

 

しかし、もっと言えば「Volt800」と「BA-3.4カートリッジバッテリー(3400mAh)」「CRA-002急速充電クレードル」をさらに追加購入しても良いかなぁとも考えてしまいました。

しかしながら、Volt800を購入するならブルベ等で峠道を走ることを想定すると思います。ブルベは自転車ライト2灯が基本なので、後でVolt800を買い増しして、Volt400とVolt800の2本使用にする構想で自分を納得させました!

 

今回の記事に出てきた商品を価格比較できるようにリンクを貼っておきます。ご参考までに。皆様が物欲に負けないことを祈る次第であります。

 

価格比較

【Volt400KIT】

【Volt400+BA-3.4バッテリー+CRA-002クレードル】

【BA-2.2バッテリー+CRA-001クレードル】

【Volt800】

フォローして頂けると、ブログ更新を見逃しません。次はもっと面白くなりますよ!

follow us in feedly

コメントを残す