知多半島一周(知多イチ)サイクリング観光スポットまとめ

知多半島を自転車で一周することを「知多イチ(チタイチ)」と言います。高スピードで知多イチするのも良いのですが、知多半島を観光しながら楽しむのも良いものです。そこで知多半島の観光スポットをまとめておきます。車で知多半島観光される方にも役立てば幸いです。ご参考までにどうぞ!

知多半島一周(知多イチ)ルート

知多一周(知多イチ)とは、その名の通りロードバイクで知多半島を一周することを言います。結構有名なコースです。ルートは2種類あります。

1つは、「知多半島の海道」と呼ばれる平坦な道が続く海沿いを海岸沿いに走るコースです。

もう1つは、知多半島中央を走るコースで「知多半島の背骨」と呼ばれる農道「味覚の道」を走ります。こちらはアップダウンが激しい上級者コースとなります。

また、知多イチで知多半島の先端「師﨑」まで行き、そこからフェリーで「日間賀島」や「篠島」渡り一泊するという別の楽しみもあります。(日間賀島・篠島はタコやフグで有名です。)

それぞれの「知多イチ」ルートの観光スポットをまとめておきたいと思います。

佐布里池(そうりいけ)緑と花のふれあい公園

2015-09-23 06.15.54

意外と知られていませんが知多市佐布里池愛知県一の25種類5100本の梅の木が植えられている「梅」の観光スポットです。ちなみに「梅」で有名な「いなべ市農業公園梅林公園」は100種類4000本の梅です。本数的には知多市の佐布里池の方が多いんです!

毎年2月中旬から3月中旬が見頃で「佐布里梅まつり」が開催されます。毎週土日の朝は地元農家の方が朝市なども行っているので、格安で野菜を買うこともできます。ただし人気で結構並んでいます。

梅まつりの時期は駐車場も満車になって第二、第三駐車場も溢れるほどなので車で出かける方は早朝に到着することをお勧めします。

何もイベントが無い時期にはロードバイク乗りの方が、ここの駐車場に車を止めさせて頂いて知多半島一周(知多イチ)の旅に出かけている方が多い様です。

知多のジャンキーストレート

2017-09-03 janki-sutore-to

名鉄常滑線「古見駅」西の信号「リクシル前」から「新舞子マリンパーク」に続く「産業道路」西側の直線道。ロードバイク乗りは敬愛の念を込めて「知多のジャンキーストレート」と呼びます。地元で知られた愛称です。何もない直線道路です。距離は約5km程で、景色も特に良い訳ではありません。

20170114-janki-sutorato

昔、車がゼロヨンレースをやっていて危険だということでガードレールが設置されていますがロードバイクには関係がありません。ここを走っていて前にロードバイクが走っているとつい追い抜きたくなります。すると突然レースが始まります!めちゃくちゃ早い方がいるので注意しましょう。

自分は走っている時に、外人の方に話しかけられて雑談などしながら走ったこともあります。ひたすら直線なのでほのぼのとした道と言えば、ほのぼのとした道です。ちなみに、一本、東側に名鉄常滑線の線路に沿った中道もあります。長浦駅の近くに「かんカフェ」というカフェがあります。疲れた方には休憩場所となります。

サングレイン知多蒸留所

2016-10-22 07.38.39

サントリーウィスキー知多」を作っている工場です。「サングレイン蒸留所」は創業が1973年と歴史がある建物です。工場見学など一般公開はしていません。自転車乗りの方がインスタグラムで稀にUPしているくらいです。ただの工場なので面白い物などは何もありません。サントリーウィスキー知多!と聞いて浮足立つような、ウィスキー好きな方であれば記念に寄ってみるのも良いかも知れません。

新舞子ブルーサンビーチ

2015-11-15 12.51.12

埋め立てで作られた人工海浜です。フォトジェニックな場所なので休憩場所に使います。ロードバイク乗りはトイレ施設もあるのでトイレ休憩に利用します。芝生内に自転車を持ち込むことは禁止されていますので、休憩所近くの自販機で飲み物を買おうとする場合に注意が必要です。

自分は休憩所のおばちゃんに「自転車は乗り入れ禁止です!」と一喝されました。「自転車手で押してる場合は歩行者扱いだし、自販機で飲み物買うくらい良くない!?」とは思いましたが、公園のルールなのでおばちゃんの言う事には大人しく従いました。駐車場や海釣り公園の所にも自販機があるのでそちらで買いましょう!

飲み物については、近くに「オワゾコーヒー」や「NEST by THE SEA(ネストバイザシー)」というオシャレカフェもあります。

ちなみに、夏場の海水浴シーズン以外でもピクニックで人気だったりもします。2017-05-27 11.18.59

海釣り公園も併設していて人気があります。

2017-09-03 10.26.11

ブルーサンビーチを遠目で見ても良い景色です。

常滑焼き物散歩道(とこなめさんぽみち)

2017-02-04 10.11.32

常滑焼き物散歩道は、常滑駅から400mの所にある「常滑市陶器会館」をスタート地点としてして周ります。「常滑市陶器会館」に地図も置いてあります。1.6kmの「Aコース」と4kmの「Bコース」がありますが自転車ならどちらも周ることができます。※坂の多い道です、あと観光客が多い場所では自転車を押して歩く必要があります。2017-08-20 17.31.40

美しい日本の歴史的風土準100選」に選ばれていて風情ある景色がお勧めです。オシャレなカフェも多くあるのですが観光地なので開店時間が10時頃の店が多いです。

常滑りんくうビーチ

2017-07-15 10.55.57

中部国際空港に離着陸する飛行機が見られるビーチです。夏場はBBQ会場も併設されて人気があります。音楽イベントなども開催される会場にもなっています。

盛田味の館(もりたあじのやかた)

2016-01-16 11.33.46

170年前の酒造蔵を改装して作られた食事スポットですが、ソニー創業者の盛田昭夫(もりたあきお)の展示室もあります。無料なので是非!盛田味の館限定の商品もあるので立ち寄りたい観光スポットです。知多半島一周の休憩スポットとしてお勧めです。2018-05-04 09.56.01

展示室では資料の展示や映像を放映しています。

2018-05-04 14.58.57

「しょうゆソフト」は是非食べてもらいたい一品です!2016-01-16 11.08.34

味噌煮込みうどんもお勧めです。名古屋らしい!

2017-02-04 10.56.15

味噌田楽や五平餅もあります!ロードバイクで行く場合は飲酒運転になってしまうのでNGですが「試飲コーナー」もありました。また盛田味の館限定で販売されている大吟醸原酒などもあります。

ぐっさん家の別荘

毎週土曜日の18時30分に放映している東海テレビの番組「ぐっさん家」の企画で作られた別荘「グッドサンビーチハウス」です。コンテナハウスなので黄色く着色されたコンテナが2個あります。普段は何も使用してない様子ですが、ちゃんと電気も引かれているので、東海テレビが夏場に何かイベントなど行うかも知れません。場所は「野間海水浴場」案内板のすぐ横です。

2018-05-04 10.41.00

野間海水浴場の看板があります。

2018-05-04 10.41.18

その裏に河童の像があって、何で河童!?と写真を撮っていたらその裏側にぐっさん家の別荘「グッドサンビーチハウス」がありました。最初、全然気づいていなくてそのまま素通りして後で弟から教えて貰いました。「えっ!さっきぐっさん家の別荘あったの!?まじで!?」と驚いた程です。

2018-05-04 14.17.01

それで知多イチの帰り道に寄ってもう一度撮影したのが写真です。まぁただの黄色いコンテナハウスが置いてあるだけなので何も面白い事もありません。2018-05-04 14.18.23

正面側は三角コーンで立入り禁止になっていました。それなのに家族ずれが勝手に入って記念撮影していました。「不法侵入じゃん!」って小声でツッコミ入れていました。見に行かれる方はくれぐれご注意を!ちなみにこの写真は立ち入り禁止の三角コーン外側から撮影しています。ギリセーフ!おそらく落書きなどされることを心配して立ち入り禁止にしているのかと思います。電気も通っているし、常時撮影の監視カメラくらいあるかも知れませんね。

 

野間(のま)の灯台

2015-10-12 11.54.33

野間の灯台はサイクリングやバイク乗りの方が知多半島を走る時に必ずと言っていいくらい寄るポイントです。「絆の音色」といって「終止線なく永遠に」という願いを込めた五線譜をモチーフとした恋愛成就の南京錠取付柵があります。南京錠は近くにある「食と健康の館」にて販売しています。

2017-02-04 11.39.56

そして「絆の鐘」という鐘があり、永遠の愛を誓って鐘を鳴らすそうです。私が見た時、たまたまロードバイク乗りのオッサンが一人で取りあえずならしとくかといった感じで、鐘を鳴らしていました。私にはそんなオッサンを咎める術がありませんでした。

2017-02-04 11.41.16

ちなみに、すぐ近くにある「ノアノア」というカフェは超オシャレなデートスポットです。

内海(うつみ)海水浴場・千鳥ヶ浜(ちどりがはま)海水浴場

2017-02-04 12.34.35

海水浴シーズンだと凄い賑わいを見せますが、この写真は真冬の写真です。だって海水浴シーズンに撮影していたら怒られそうじゃないですか!?「日本の渚百選」にも選ばれています。ちなみに「千鳥ヶ浜」の名前から取ったであろうチーズケーキ「千鳥チーズ」を南知多の和洋菓子店「ALSACE(アルザス)」が製造販売しています。

2017-02-04 12.27.11

つぶて浦

2017-02-04 12.41.45

つぶて浦は昔、神々が伊勢神宮から石の遠投を競って投げた石の一つが落ちた地とされています。つまり、神様の遠投大会の記録の地です!鳥居は伊勢神宮の方向を向けて作られています。写真に掲載されているでかい石が遠投されて飛んできた石です。神様もずいぶんと危ない遊びをしたものですね。

師崎港(もろざきこう)

2017-01-01 07.07.56

知多半島の先端が師崎港です。ここまでたどり着いたら、折り返して知多半島一周(知多イチ)を完成させるか、フェリーに乗って「日間賀島」か「篠島」に渡って宿泊するかの選択となります。毎年1月1日の元旦には初日の出を見るために多くの人が集まります。

2017-01-01 07.04.57

自分もロードバイクで知多イチしました!日の出を待つ間に体が冷えてキツかったので、初日の師﨑アタックをされる方は何か暖かい物を持っていく事をお勧めします。

羽豆岬(はずみさき)展望台

2017-02-04 13.32.39

師崎港で時間があれば「羽豆岬展望台」がお勧めです。自転車で行こうとすると途中の階段をかついで登る必要がありますが、登って展望台から景色を見ると東の「三河湾」西の「伊勢湾」を見渡せて「篠島」「日間賀島」まで見ることができる絶景が待っています!

2017-02-04 13.50.57

羽豆岬展望台!結構丈夫な作りです。

2017-02-04 13.55.19

羽豆岬展望台からの景色は絶景!

アイドルSKE48が歌う「羽豆岬」のプロモーションビデオ撮影があった事でも「聖地巡礼」として人気スポットとなっています。2013年7月に南知多町観光協会・師崎観光協会らによって歌碑まで建てられています。

2017-02-04 13.33.11

頂上に「羽豆神社」があるので参拝していきましょう。

篠島(しのじま)

2015-11-22 07.21.31

師﨑まで自転車で行って、そこからフェリーに乗って篠島に渡ることができます。日本の夕日・朝日100選にも選ばれているフォトジェニックな場所であり、海の幸を堪能できる場所でもあります。「ハモ」「タコ」「フグ」「しらす」などが有名です。自転車で行けば島をくまなく探検できるので一泊する知多半島一周(知多イチ)を計画されるのであれば、「篠島」か「日間賀島」に宿泊するのがお勧めです。

えびせんべいの里 美浜本店

2017-09-03 15.51.57

観光バスが何台も止まって観光に来るほど有名な場所です。南知多道路「美浜」の高速道路入口近くにあります。

2017-09-03 15.55.00

えびせんべいの試食ができます。色んな味があるので試してみて自分好みの味を見つける楽しさがあります。

2017-09-03 16.03.00

試食で喉が渇いたら珈琲とお茶が無料で飲めるという至れり尽くせりの観光スポットです。

 

矢勝川(やかちがわ)の彼岸花

2015-09-23 07.08.53

半田市の矢勝川沿い約2kmに渡って彼岸花が咲き誇る絶景スポットです。毎年9月下旬に見頃となります。童話作家新美南吉の出身地なので童話「ごんぎつね」の舞台となった場所だと言われています。毎年「ごんの秋まつり」も行われますので人で一杯になります。そのため、ロードバイク乗りは早朝から出かけることをお勧めします。

私が早朝に行ってみたら人もまばらで気持ち良く彼岸花を楽しむことができました。人が多くなると写真を撮るのも一苦労なので早朝サイクリングをお勧めします。

ちなみに、車で来る人は「新美南吉記念館」に駐車して歩いて行くか「アイプラザ半田駐車場」に駐車して無料周遊バスを利用して矢勝川に行くことになります。

半田赤レンガ建物

2016-01-31 11.54.57

半田赤レンガ建物は1898年にカブトビールの製造工場として作られた建物です。大手4大ビールメーカー(サッポロ、アサヒ、キリン、エビス)に挑んだ幻のビール「カブトビール」の復刻版が販売されています。カブトビールの歴史を紹介する「常設展示室」があり200円で入れます。

2016-01-31 12.03.16

また、毎月第四日曜日には「半田赤レンガマルシェ」が行われてお祭りの様相を呈しています。

その他名もなき場所

その他観光スポットでなくても海沿いの道には素晴らしい景色が待っています!知多半島一周(知多イチ)はあまり有名ではないですがお勧めですよ!

2016-01-16 11.43.27

名も無き海沿いの道。

 

実際に知多イチした話へつづく

GW知多イチ

フォローして頂けると、ブログ更新を見逃しません。次はもっと面白くなりますよ!

follow us in feedly

コメントを残す