自転車秋冬の寒さ対策グッズおすすめ品!

ファッション
スポンサーリンク

秋冬に寒くなると自転車(ロードバイク)乗るのが億劫になります。そこで、暖かく自転車に乗れるよう自転車用の寒さ対策グッズをブログにまとめておきます。思わぬ副産物なのですが、自転車用品を日常生活でも使うと、生活が快適になりました。スポーツ用品の機能性には脱帽です!

自転車の寒さ対策についての基礎知識

自転車に乗っていて一番冷えるのは血の流れが行き届かない「指先」「足先」「」です。そのため「指先」「足先」「耳」を如何に暖かくするかという事が寒さ対策では重要になります。

また、秋冬に自転車で走ると「冷たい風」を直接体に受けることになります。そのため自転車の寒さ対策は冷たい風」を如何に遮るかも重要になってきます。特に「」は無防備なので「マスク」を着用するなど何かしらの対策が必要になってきます。

レイヤー(重ね着)で体温調節可能!

体温調節が命に関わってくる登山家の方は、冬場はレイヤーリング(重ね着)することで体温調節をするそうです。割と常識的な話です。

例えば3枚のレイヤーで構成するとした場合、まず、肌に触れる1枚目に「ドライウェア」を着て汗を吸収排出させます。肌着は常に乾いた状態にする必要があるためです。肌着が濡れた状態だと汗冷えして体温を奪われることになります。

そして2枚目に「ベースレイヤー」を着ます。水分は外部に蒸発させて保温することが目的です。

3枚目に「アウター」を着て外部からの風や水の侵入を防ぎます。

寒い場合はこのレイヤーリング(重ね着)の枚数を増やして対応することで、脱げば簡単に体温調節できることにもなります。

ドライウェアーについて過去記事がありますので、良ければご参照下さい。「モンベルのジオライン」か「finetrack(ファイントラック)のスキンメッシュ」がお勧めです。詳しくは過去記事をご参照ください。

FineTrackのスキンメッシュVネックTシャツを購入!
ロードバイク用のアンダーウェアー(インナーウェアー)としてfinetrack(ファイントラック)のスキンメッシュVネックTシャツを購入しました。finetrackは登山家の方が良く使っているアウトドア用のドライレイヤーです。 Vネックにした...

ベースレイヤーは何がおすすめ?

自分はベースレイヤーとして、パールイズミのサーマフリースを使用しています。パールイズミは自転車用品のメーカーなので、自転車用に作られていて使い勝手が良いです。

アクティブスキンドライレイヤーロングスリーブを購入した
ファイントラックのアクティブスキンドライレイヤーのロングスリーブ(長袖)を購入しました。スキンメッシュの半袖が良かったから長袖も買おうと思って注文したら間違ってアクティブスキンを買ってしまっていました!

顔の防寒にはフェイスマスク!

2016-04-20 22.00.27

顔の防寒対策には「フェイスマスク」です。冬場、顔を寒さと乾燥から守ってくれます。パールイズミのフェイスマスクは口をパカっと開けてボトルの水が飲める設計になっているのと、耳にゴムで引っ掛けられる構造になっていて、ずり落ちてきません。

夏用のUVカット仕様の物(FA3)がお勧めです。夏用ですが、東海地方の平野部で使う分にはオールシーズンこれ1枚で事足ります。冬の寒さも、夏の日差しも防いでくれます。ただ、寒い地方の方は冬用(488)が必要かも知れません。

自分の呼吸で適度な湿度と温度がフェイスマスクの中に確保されるので、夏用の薄いフェイスマスクでも有ると、無いのとでは寒さが全然違います。耳まで生地が覆ってくれているので耳も暖かいです。

難点なのはデザイン性です。パールイズミの商品はどれも使い勝手が非常に良いのですが、デザインがダサイ物が多いです。

2017-04-02 09.54.28

このマスクのグレー色を使っていたら弟から「兄ちゃん、パンツ被っとるみたいだな。」と言われました。急いで黒色を買いなおしたのがこちらこのマスクです。2017-04-02 09.53.57

裏面には耳に掛けるゴムがあります。ゴムを耳掛けているのでずり落ちてきません。これがとても重宝しています。ただ黒色でも、なんかやっぱりダサいです。機会があれば別メーカーのも試して見たいと思います。

耳の防寒にはイアーウォーマー or サイクルキャップ冬用

外気に直接触れるを「イヤーウォーマー」や「サイクルキャップの耳まで覆う冬用」で肌の露出を減らしてやると凄く暖かく感じます。頭部の寒さ対策は効果が高いです。

よほど寒い地域でなければ、「ウィンターキャップ」か「イヤーウォーマー+キャップ」のどちらかあれば十分だと思います。とにかく耳を覆う事が重要です。ちなみに、デザイン重視で気に入った物を買った方が愛着が湧きます。

足先の防寒にはウィンターソックス

自転車用品メーカーのウィンターソックスの中から、選べば間違いが少ないです。カペルミュールなどオシャレです。素材は、メリノウールなどの高級素材を使っている物だと、暖かいです。

finetrack(ファイントラック)のスキンメッシュソックス」をベースレイヤーとして靴下2枚履けば汗冷えもせず完璧です。好みにもよりますが5本指の物だと、指と指との間の汗も吸収・排出してくれます。また、5本足のソックスは厚みも薄いので2枚履き用にお勧めです。

足先の防寒にはオーバーシューズ

ロードバイクに乗ると風の影響で「足のつま先」が寒くなります。オーバーシューズで風対策してやると効果的です。

つま先用カイロ

オーバーシューズを使ってもどうしても寒い場合は、つま先用のカイロを持っていると寒い思いをせずに済みます。

風対策にはウインドブレーカー

秋冬にダウンヒルする時に「ウインドブレーカー」を持っていないと、風をモロに受けるので、めちゃくちゃ寒いです。

普段着用のウィンドブレーカーも売っていますが、自転車用のウインドブレーカーを購入をおすすめします。何故なら自転車用のウインドブレーカーは非常に小さく折りたためらからです。また、体にフィットする作りになっていて風の抵抗が少なくなるように設計されています。背中が露出しないように、背中側の裾を長く作ってあります。

私は東海地方の平野部ですが冬用のサイクルジャージ使っていません。真冬でもウインドブレーカーをアウターにしてロードバイクに乗っています。風を防いでくれるので、インナーさえしっかりしていれば暖かさを確保できます。ウィンドブレーカーはアウターなのでオシャレなデザインの物をお勧めします。

冬用のサイクルジャージを使っていないのは単純に高いからです。お金に余裕があれば買って試してみたいです。

腹巻(ハラマキ)

パールイズミが「腹巻(ハラマキ)」を販売しています。自転車用品のメーカーだけあってパールイズミの商品はどれも使い勝手が良いのが特徴です。この腹巻もカイロを入れるポケットが付いています。ベルクロ仕様なので、バリバリっと簡単に脱着できて、小さく折りたためます。

自分はパールイズミでは無い、一般的な腹巻を買ってしまって使い勝手が悪いです。一般的な腹巻だと暑くてもすぐ脱げないのと、かさ張るのが難点です。

ハクキンカイロ

2018-12-24 09.08.26

ハクキンカイロは、ベンジン(炭化水素)の気化ガスがプラチナと接触して発熱します。使い捨てカイロの13倍の熱量があり、発熱温度も一定で25ccのベンジンで最大24時間使える問う効率の良さです。繰り返し使えて部品交換も可能でメンテナンス性も優れています。

大正12年(1923年)に日本で発明された商品で、消耗部品の火口や綿などは100年近くを経過した現行品とも互換性があり消耗品交換すれば永遠に使えるとのことです。非常に暖かくなるので地震などの災害時用にいくつか持っておくのもおすすめです。他にキャンプ、スキー、スノーボード、バイクなどにもおすすめです。バイク乗りの方がよく使っているそうです。

弟が買ったのを使わせてもらったのですが、何も知らずに「ちょっと、貸して」と言って袋から取り出して素手で触ったら「あっっちー!」ってなりました。弟は笑って見てました。先に言ってくれよ。

注意点としては、飛行機には持ち込みできないという点です。使用した物は宅急便でも送付できません。よく中古品がヤフオクで売られているけど、どうやって発送するんだ?違法じゃないのか?と心配になります。

Rapha WINTER EMBROCATION

2019-01-02 08.56.11

ラファのウィンターエンブロケーション、価格は3500円です。お腹とか腰に塗ると、体が熱くなります。効果は6時間持続します。弟が持っていたので少量使わせてもらったのですが、めちゃ暖かくなります。少し香りがするかなと思ったのですが、割と良い香りです。

ウィンターグリーン、カプサイシン、バニラの3つの温熱有効成分が入っていて暖かくなるという品物で、肌の保湿のため、シアバター、ビタミンE、ミツロウ、エッセンシャルオイルまでも配合されています。

弟が「使ったら手洗った方がいいぞ、目とか擦ると大変なことになる。」というので手を洗ったのですが、水をはじいていました。ちゃんと石鹸で洗わなかったら手もポカポカしていました。恐るべき効力です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました