伊良湖岬へフェリーで渡り、渥美半島自転車旅!ABホテルに宿泊

渥美半島
スポンサーリンク

師崎港から高速船フェリーに乗船して伊良湖岬へ向かいました。自転車輪行フェリーの旅です。そこから渥美半島を縦断する旅です。

 

前回「師崎港ランチ。そして自転車をフェリー輪行して伊良湖岬へ! 」の続きです。

20180303-taharago

師崎港から伊良湖港までフェリー輪行で移動、三河田原駅まで30km程自転車で走ります。

20180303-toyotetsu

「三河田原駅」からは「サイクルトレイン」に自転車を積んで「新豊橋駅」まで36分の移動。そして「ABホテル豊橋」に宿泊の予定です。

 

高速船フェリー

2018-03-03 14.14.02

高速船フェリーは意外と空いていました。14時15分という中途半端な時間の便だからかも知れません。

2018-03-03 14.29.06

師崎から伊良湖岬へ行くには、いったん篠島でフェリーから降りて乗り換えが必要です。篠島のフェリー乗り場待合室で乗り換えのフェリーを待ちます。

2018-03-03 14.30.43

篠島のフェリー待合室では天草(てんぐさ)とか海苔とか干物とか売っていました。

2018-03-03 14.45.18

そして、乗り換えです。高速船フェリーはやはり空いていました。

2018-03-03 15.10.58

あっという間に伊良湖岬へ到着です。揺れなどもほとんど気になりませんでした。14時15分に師﨑を出発して15時10分到着です。やはり朝一番目の便である10時15分の便に乗れなかったのが良くありませんでした。渥美半島を観光しながら走る時間がなくなってしまいました。

2018-03-03 15.11.02

急いで自転車を輪行袋から出して組み立てます。

2018-03-03 15.24.48

伊良湖岬のフェリー乗り場すぐ近くに、道の駅「伊良湖岬旅客ターミナル」があります。今回は写真だけ撮ってスグに次の目的地へ向かいます。

渥美半島サイクリングロード

2018-03-03 15.48.15

海岸沿いが気持ち良いです。渥美半島サイクリングロードが作られていてとても走り易いです。残念ながら天気が微妙でした。晴天だと気持ちよく海がキラキラします。特に伊良湖ビューホテルのある丘に登って見下ろす景色は絶景です。ルート的には登らずに走った方が楽ですが、無駄に登ってしまいました。写真撮っていなかったのが残念です。

2018-03-03 16.16.16

渥美半島サイクリングロードの看板を途中で見つけたのですが、結構長い距離のサイクリングロードで驚きました。渥美半島はかなり快適にサイクリングできるように作られています。

後で調べたら愛知県建設部道路維持課のHPにてマップをダウンロード可能でした。

伊良湖菜の花ガーデン

2018-03-03 15.57.38

伊良湖菜の花祭りのメイン会場である「伊良湖菜の花ガーデン」に到着しました。渥美半島サイクリングロードを走っていたら、横からサイクルロードに人がぞろぞろ出てきて横断していました。何かと思って止まったら「伊良湖菜の花ガーデン」から海を見るために人が出てきてサイクルロードを横切っているのでした。皆さん「菜の花」と「海」を楽しむようです。

2018-03-03 16.09.38

伊良湖菜の花ガーデンをサクッと見て、時間が無いので次へ向かいます。早く移動しないと日が暮れてしまうため仕方ありません。もう16時です。

予定していた「バロック」での菜の花ジェラートは中止。「加治の菜の花畑」も中止。「蔵王山の展望台」も中止。また次回のお楽しみです。

田原製パン長栄軒

田原製パン長栄軒に到着したら店が閉まっていました。営業時間は8時~18時30分なので間に合っていたのですが土曜日休みでした。残念。「ぐるりんパン」が有名です。道の駅で売っていたという口コミもあったので、どこか道の駅に寄ってみるのも良いかも知れません。

2018-03-03 17.19.02

三河田原駅からサイクルトレイン

2018-03-03 17.20.46

そして、17時20分に三河田原駅に到着です。ここから「サイクルトレイン」に乗ることができます。三河田原駅から新豊橋駅まで520円です。それに自転車持ち込み料100円がかかるので620円必要です。

2018-03-03 17.24.26

自販機で通常の切符は購入できるのですが、自転車持ち込みに必要な「サイクルトレイン積載券」は別途駅員さんに言って購入必要でした。駅員さんが乗り方や自転車を載せられる車輛など丁寧に説明してくれました。

2018-03-03 17.25.29

菜の花の季節限定の「菜の花トレイン」に乗れます。豊橋鉄道渥美線では「菜の花トレイン」など渥美半島に咲く花々をイメージした列車が10色分あります。詳細は豊橋鉄道株式会社のHPでどうぞ。

2018-03-03 17.26.17

自転車の持ち込みスペースは決められています。自転車は進行方向から見て一番後ろの車輛にのみ積載可能です。他の乗客のご迷惑にならないようにします。

2018-03-03 18.10.29

そして、新豊橋駅に到着です。カラフルトレインをもう一台見ることができました。「ばら」の列車でした。ラッキーです。ちなみに、電車の中ではウトウトしてしまいました。

新豊橋駅からホテルへ

2018-03-03 18.11.51

私「暗くなっちまったな。」

弟「おう。寒いし喉痛いし、ホテルに急ごうぜ。」

私「おう、行こう。」

2018-03-03 18.12.09

しかし、予約していたホテル「ABホテル豊橋」は逆側改札から出ないと行けなかった様です。しばらく歩いて気付きました。

私「ホテルの逆側だな、これ。」

弟「まじか。」

私「でも、勢川本店で豊橋カレーうどん食べたいからこちら側でいいか。」

弟「豊橋カレーうどん、いらんわ。喉痛いからホテル行こうぜ。」

私「そうか。じゃあ、ホテル行くか。しゃあない。」

2018-03-03 18.32.10

カレーうどんの下にとろろご飯が隠されているという「豊橋カレーうどん」が気になって仕方ないのですが、弟が体調が悪い様子なのでホテルへ急ぎます。うーん気になる・・・

ABホテル豊橋

2018-03-03 18.45.09

ようやくABホテル豊橋に到着しました。清潔感あるビジネスホテルでした。事前に調べたところ「大浴場」が評判良かったのですが、とにかく体が冷えていたので部屋風呂にさっさと入って温まってしまいました。

2018-03-03 18.45.18

ABホテル豊橋の近くにご飯を食べられる所が無さそうだったので、ホテル近くのコンビニで夕食を買いました。ひょっとして豊橋駅に行けば何か食べられるだろうなぁとは思ったのですが、夜本格的に寒くなってきてブルってしまうくらいだったので止めときました。

 

弟からラインが届きました。

弟「コンビニ行こうぜ」

私「おう。現地集合な。」

 

そして、弟がコンビニで2400円も買い物していました!?

私「2400!?何を買っとるんだ!?」

弟「ビーフジャーキーとか酒とか。」

私「お前、体調悪いんじゃないのか?酒とかいいのか?」

弟「血行を良くしんとかん。」

私「いや、ダメだろ。風邪に酒とか。」

弟「風邪じゃない。喉が痛いだけだ。」

私「まじかー」

 

一方、私はというと、どうしても豊橋カレーうどんが頭から離れずにいたので「カップヌードルカレー味」を買ってしまいました。だから私の「豊橋カレーうどん」の思い出は「カレーヌードル」です。

2018-03-03 20.31.00

しかも、食べ終わった後で、余ったスープをどうしようか?と困りました。洗面所で捨てたらたぶん詰まるから良くないだろう。トイレに流したら黄色くなって、掃除する人が「さっき泊まっていた人、凄い尿が黄色いじゃん!病気かな?」などと思うかも知れません。これもいけません。

仕方ないので、そのまま部屋に置いて寝ることにしました。

 

すると部屋がカレー臭でいっぱいになりました。

私は一晩中カレー臭にまみれていました。

 

これが私の豊橋カレーうどんの思い出です。もはやカレーうどんでも何でもありませんが。翌朝、バイキング形式の朝食をホテルで食べてチェックアウト時刻の10時までゆっくりしてから出発しました。

2018-03-04 10.04.05

ちなみに、自転車はフロントで預かってもらえないか聞いてみたら「盗難などの保証は致しかねますが、それで良ければ」ということで鍵で施錠されたる場所に止めさせてもらえました。ご厚意に感謝致します!

 

そして2日目のスタートです。

 

私「喉は大丈夫か?」

弟の体調を気遣って聞いてみます。

 

弟「おう、痛いな。コンビニ寄ってこうぜ。のど飴買う。」

弟はコンビニ大好きだな。と思いながらも寄ってから出発することにします。

 

弟「兄ちゃん、なんかカレーの臭いしないか?」

私「気のせいだろ。」

弟「そうか。」

 

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました