自転車用には軽量コンパクトで安いミニ三脚がおすすめ!3つの理由

自転車 装備備品

自転車用の三脚には「軽量」「コンパクト」「安い」ミニ三脚をお勧めします。何故なら、この3要素は自転車で走る際に影響してくるからです。今回は実際に買ってみたミニ三脚の性能評価と合わせてブログにまとめておきます。

これからカメラ用のミニ三脚を持って出かけようとしている方の参考になれば幸いです。

三脚のメリット
  • 三脚+タイマー機能を使えば撮影者も集合写真に写ることが可能になります。
スポンサーリンク

自転車用に軽量コンパクトで安いミニ三脚がおすすめ!

まず、自転車用の三脚は「軽量」な物を選ぶ必要があります。自転車は全て人力なので長距離走るような場合には地味に影響してくるためです。

次に、「コンパクト」である必要は自転車で持ち運ぶ際にかさ張ると持ち運びし難いためです。リュック等に入れたり、自転車に括りつけて走るという方法もありますが「コンパクト」である方が便利です。かさ張ると最終的に持ち運びしなくなる可能性が高いです。

最後に「安い」についてです。自転車は転倒する場合があります。その際に高価な三脚だと壊れてしまう可能性があります。壊れても懐具合に響かない値段の三脚にしておいた方が精神衛生上にも良い訳です。

3つの理由まとめ
  • 「軽量」である事で自転車で走る際の疲れ具合に影響
  • 「コンパクト」である事で自転車で持ち運びし易くなる
  • 「安い」方が転んだらどうしようという不安が減る

「ミニ三脚」を実際に購入して検証してみた!

色々と探して一眼レフに使える「軽量」「コンパクト」「安い」ミニ三脚を買ってみました。

Amazonで購入
重量47g

販売サイトでは33gと記載あったのですが計測してみると47gでした。中華製品なんで誤差の範囲でしょうか?ちなみに他にも「HAKUBA製」のミニ三脚も良いな!と思ったのですが138gでした。

実際に取付てみました。ちゃんと自立します。ただカメラを傾けてみるとコロンと横転しました。三脚に重量が無いので仕方ありません。

三脚の足を伸ばしてやると安定性が増しました。転びにくくなります。素材がアルミ・鉄・プラスチックと記載ありましたが、思ってたほど脆そうで無くて安心しました。

良くある作りです。ネジを使ってちゃんと固定できてOKです。

リモコン購入と設定:好きなタイミングで撮影可能に!

リモコンも買いました!

カメラ側のリモコン使用設定

「メニュー」→「カメラ」→「ドライブモード」→「リモコン」を選択

設定は「メニュー画面」より「カメラ」を選択
ドライブモードを選択
リモコンを選択
動画を撮影する場合の設定

撮影タイミングスイッチを<2>の位置にして、送信ボタンを押すと、動画の撮影が開始されます。なお、<●>(すぐに撮影)の位置のときは、静止画撮影になります。(RC-6の場合)

バルブ撮影時(花火など)の設定
  • モードダイヤルを「M」にする
  • ドライブモードを「セルフ:10秒/リモコン」にする
  • シャッタースピードの「BULB」を選択
  • 構図を決めてMFでピントを合わせる
  • リモコンのボタンを押して撮影スタート
  • もう一度リモコンのボタンを押して撮影終了

リモコンを使うメリット

「三脚」+「タイマー機能」でも良いのですがリモコンを使うと好きなタイミングで何枚でも撮影できて便利です。

三脚+リモコンのメリット
  • 集合撮影の時に撮影者も写れる!
  • 手振れの無い写真撮影が可能になる!
  • 好きなタイミングで撮影可能になる!

今回購入した三脚は下記商品です。

スマホとかGoProにも使いたいならHAKUBA製品がお勧めです。

コメント