自転車通勤のエピソード集!ブログ!

自転車通勤
スポンサーリンク

自転車通勤を実際にやっていて体験したことをブログ記事にまとめました。ロードバイクで自転車通勤をするとどんな良いこと、悪いことがあるのかのご参考になれば幸いです。

自転車通勤をして良かったエピソード

田に張られた水面が鏡上になって雨上がりの空を映した姿が凄く綺麗だったり、夕日が美しかったり、とにかく日常にある美しい景色が沢山あることを知りました。

 

あと、5感が研ぎ澄まされる感覚があります。鳥の声だったり蝉の鳴き声だったりで四季を感じたり、あー雨降るなとか分かったりするようになります。自分の体調についても調子の良い悪いが分かるようになります。毎日、自転車に乗っていると自分の体と対話するような感覚です。

 

当然、痩せました。もともと痩せてましたけれども、体脂肪率6~7%台です。

 

自転車通勤をして酷い目にあったエピソード

急に雨が降ってきたので焦っていた時に、高架下の駐車場にバックで駐車している車の前を通りかかった。そしたら急に車が前に出てきた。良く見ると運転手のおばちゃんはこっちを全く見ていない!それで慌てて急ブレーキを掛けたらスリップして街路樹に突っ込んでしまった。怪我とかはなかったのだけれども、車を運転していたおばちゃんが「大丈夫!?」って車を降りて聞いてきて凄く恥ずかしかった。私は慌てて「はいっ、大丈夫です。慣れてますので・・・」と訳の分からない返しをしてその場を逃げるように立ち去りました。恥ずかしかったし、危なかった。たぶん運転していたおばちゃんの認識は勝手に自転車が目の前で街路樹に突っ込んでるよーといった感じだと思います。アー恥ずかしい。雨の日はスリップするのでご注意を。あと急に予想外の動きをするおばちゃんの車にもご注意下さい。

 

雨あがって自転車で帰宅していたら、バッシャーンっ!って頭から水を掛けられて水浸しになりました。車が水たまりに思いっきり突っ込んだせいです。さすがに追っかけて文句の一つも言いたくなりましたが逃げられました。悔しい!

 

 

自転車通勤をしていて怖い目にあったエピソード

車が無理な幅寄せをしてきたりしてくるとマジで怖いです。道も狭いけれども運転手の心も狭いです。信号などで止まったら車を先に行かせてから発信したりして気を使っていました。

 

冬の会社帰り、残業で遅くなり最後の帰宅者となったので一人で戸締りをして自転車で駐車場に出ました。そしたら会社の駐車場でたむろしている人が5,6人いました。会社の人が友達連れてきてるのかな?と思って声をかけたら地元の怖い方々でした。「ヤヴァ!しまった!」と超焦ったけれども平常心で立ち尽くしていたら、怖面な方々も会社の駐車場でたむろしていた後ろめたさなのか、夜遅いのにグラサンでロードバイクな人が怖かったのか、ビビッて沈黙してました。私は暫くしてロードバイクでひるがえってダッシュでその場を立ち去りました。怖かった!

 

自転車通勤あるある話

会社帰りにヘッドライトの電池が切れる。真っ暗になってしまい危ないし怖い!電池の予備が必要。お勧めはスマホの予備バッテリーでLEDライトにもなるヤツです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました