ビワイチ!1-10「松原水泳場 エクシブ琵琶湖」琵琶湖一周200km自転車旅

前回、「ラコリーナ」でバームクーヘンセットを堪能して、「安土城跡」に向かう途中の「農道」が最高の景色で大満足でした!今回はいよいよ1日目ゴールが近づいてきました。しかし、宿泊予約時間が近づいてきています。ご飯の時間があるので遅れるとまずい!間に合うか!?

松原水泳場(まつばらすいえいじょう)

次なる目的地は「彦根城」だったのですが、時間が足りなくなってきたので端折りました。「彦根城」なんてメジャーなとこ端折るなんて!と思ったかもしれませんが、有名すぎて二人とも行ったことありましてすみません。

でもって「松原水泳場」へ向かいます。ここは7月末に「鳥人間コンテスト」が開催される場所です。ちょうど設営をしていましたのでどんなもんか見ていきました。特に観光とかするような所では無いですね。

2016-07-22 16.25.22

私「松原水泳場着いたな。」
弟「遠目で分かりにくいけれども鳥人間コンテストの会場作っとるな」
私「本当だ、作っとる。」
弟「そういえば、時間大丈夫か?」
私「もうすぐエクシブ琵琶湖の夕食の予約時間が迫っとる。」
弟「間に合いそうか?」
私「ギリ間に合うかな?どうだろ?プールとかもう終わってる時間だけどな。」
弟「プールは無理だったかー」
私「本気で泳ごうとしとる所がスゲーよ。俺、もうバテバテ。」
弟「もう少しだな。」
私「もう少しでエクシブ琵琶湖だー!シャワー浴びて飯だー!腹減った!」
弟「じゃぁ行くか。」
私「おぅ、行くぞ!」

エクシブ琵琶湖

ようやくビワイチ1日目の最終目的地「エクシブ琵琶湖」に到着です。琵琶湖南側は走りにくい道も多かったのと観光ばかりしてたのでバテバテです。まぁ真夏のビワイチなので暑さで結構体力も奪われました。何にせよエクシブ琵琶湖に到着できて良かったです。

そして、エクシブ琵琶湖の施設は凄く良かったです!自転車もフロントで預かってほしい旨伝えたら倉庫にて預かっていただけました。タグと引き換えで出してもらえる方式です。食事の予約時間にも間に合ってほっとしました。

2016-07-22 16.37.55

エクシブ琵琶湖!立派な建物だー!着いたーって感じになりました。

2016-07-22 17.00.05

私「おい、エクシブ琵琶湖スゲーな」
弟「おう。豪華だ。」
私「2人で使う広さじゃないな」
弟「広!お座敷まであるじゃん。」
私「すげー、5人まで泊まれるからお座敷に布団敷いて使うんだな」
弟「サイクルジャージでうろつけない訳だ」
私「浴衣とかでうろつくの禁止だって言ってたからな」
弟「私服、宅急便で送っといて良かった」
私「ここで着るだけで、また自宅に送り返すんだけどな」
弟「まぁ、しゃあないな」

2016-07-22 17.01.32

お座敷くつろげます。

2016-07-22 17.18.17

サイクルジャージでホテル内をあまりウロウロできないし。浴衣でウロウロするのはNGなそうなので、事前にエクシブ琵琶湖に私服一式を宅急便で送っておきました。シャワー浴びて着替えてすぐに食事へ向かいます。着替えていたら、長袖のシャツとサイクルグローブの隙間だけ日焼けしていることが判明!笑えました。

弟「兄ちゃん、変な日焼けしとる。」
私「えっ!本当だ。あほな日焼けしとる(爆笑)」
私「お前もやんか!」
弟「げー!まじだ。俺もだ!」

二人して爆笑。

2016-07-22 17.38.45

でもって食事は焼肉!グレードは一番低いやつです。それでも5400円です。最初に飲み物の注文を聞かれました。明日も自転車乗るしさすがにアルコール類は飲む気にならなかったのですが、ウェイターさんがアルコールとかノンアルコールのヤツとか単価の高いのを勧めてきます。

どーせホテルの飲み物なんかボロ高いいんだから「いらねーよ」って思っている生粋の貧乏性な私なのですが、仕方なく「ジンジャーエル432円」を注文している所に「ノンアルコールビールもありますよ。」キリッ!とか言われるので、やっぱりエクシブは高級だなぁー、いつか値段気にせず上級コース注文したい!と思いました。お金持ち羨ましいぞ!

2016-07-22 17.52.44

安いグレードのメニューなので近江牛じゃないんですよね。お肉も牛肉だけでも無いですし。くそおぉー!お金持ちになりたい。

2016-07-22 18.24.58

デザートのシャーベットとお茶で締め。自分は結構な小食なのですけれども、足りない。量が。安いグレードなので仕方ないか・・・

2016-07-22 20.32.19

結局、コンビニまで自転車で出かけてカップヌードルカレー味を食べてお菓子とプロテインとキューピーコーワヒーリング買って栄養を補給しました。明日も走るんだから回復させなきゃ!でもってお風呂に行くとジャグジーとかあってスゲー良かったです。回復しまくりです。弟は風呂入らず寝てしまってましたけれども。二人とも朝風呂に入ってすっきりです。

私「朝風呂から、ジャグジー良かったわー」
弟「おう、風呂凄かったな」
私「凄かった」
弟「ええところだった。」
私「だな。」
弟「じゃあ、2日目行きますか」
私「おう、2日目のコースは観光場所行く予定少ないな」
弟「おう、少ないな。でも俺はつるやパン期待しとる」
私「ほう、パンか」
弟「おう」
私「俺は、メタセコイア並木だな」
弟「通常のビワイチルート外れて行くところな」
私「わざわざ行く価値あるはずだ」
弟「よし、チェックアウトしよう」
私「おう、行こう2日目!」

真夏のビワイチ1日目はこんな感じで幕を閉じました。琵琶湖南側(湖南)は観光するところが沢山あって楽しいですね、走りやすいか?と言われると2日目のコース(湖北)の方が走りやすいのです。ただ観光という点では琵琶湖南側に軍配があがります。ビワイチを計画される方はビワイチに何を求めるか明確にしておけば、いいビワイチができるかと思います。

つづく

フォローして頂けると、ブログ更新を見逃しません。次はもっと面白くなりますよ!

follow us in feedly

コメントを残す