自転車用語解説集

基礎知識
スポンサーリンク

ロードバイクについてブログや本を読んでいると分からない用語が出てきます。そんな用語解説をとりまとめたページです。 追記していきます。

ホリゾンタル(horizontal)

ホリゾンタルとは、水平であること。トップチューブが地面に対して水平である自転車をホリゾンタルデザインと呼びます。見た目が美しいのが特調です。メーカーによっては、ホリゾンタルを謳っていながら小さいサイズの自転車だけはスローピングで対応している場合もあるのでその点購入時には注意が必要です。チューブで構成される三角形の面積が大きくなり縦方向への振動吸収性が高いのが特調。見た目が美しいのと旧来のデザインを重視する観点から、クロモリロードバイクではホリゾンタルデザインが重要視されます。単純に見た目がカッコイイのでホリゾンタルにこだわる方が多いようです。対義語はスローピング。ただし、スカートでホリゾンタルの自転車に乗るのは少々難しいです。スカートがトップチューブに引っかかってしまいます。ママチャリのようなトップチューブが低い位置に作られた構造は、スカートでも乗れるようにとの配慮だと思います。

スローピング

スローピングとはトップチューブが地面に対して傾きを持っているデザインのことです。「パイプの一辺の長さが短くなるため軽量化となる」「チューブで構成される三角形の面積が小さくなり剛性が高くなる」などの特徴があり、現在の主流はスローピングデザインとなっています。シートポストでサイズ合わせをできるので、1つのフレームに対して少ないサイズのチューブ在庫で済みます。そのためコストダウンできます。現在主流になっているのにはこのようなメーカー事情もあるようです。軽量化となるので早く走りたい自転車にとってはスローピングはお勧めです。

ポタリング(pottering)

ポタリングとは自転車で散策することです。観光地などに自転車を持って行くと広範囲の移動が可能となりお勧めです。大人の場合、徒歩だと1時間4km程度が普通ですがロードバイクの場合1時間20km程度は移動可能となります。観光地で徒歩の5倍移動できて駐車場にも困らない。また路地裏などには思わぬ発見もあり楽しいことがいっぱいです。地元でも少しポタリングしてみれば気付かなかった発見がたくさんあります。健康にも良い適度な運動ができ何かとお勧めなポタリングはいかがでしょうか?

ハンガーノック

ハンガーノックとは体内のエネルギー源を使い切ってしまい体に力が入らなくなる事を言います。一度ハンガーノックになってしまうと食事をしてもスグには回復しないので、こまめなエネルギー補給をしてハンガーノックにならないことが重要です。食事してから吸収されるまでの時間も考慮してこまめにカロリー補給する必要があります。ちなみにロードバイクは大量のカロリーを消費するため競技中に食事をする唯一のスポーツだと言われています。

 

チャリ通 ジテ通 ケッタマシーン

自転車通勤の略語。チャリンコ=自転車の意味でチャリンコを使った通勤なので「チャリ通」。自転車を使った通勤なので「ジテ通」。余談ですが、名古屋では自転車のことを「ケッタマシーン」「ケッタ」とも呼びます。

 

茄子 スーツケースの渡り鳥

「茄子アンダルシアの夏」の続編。ジブリの原画を担当してきた「高坂希太郎」監督作品なので映像がジブリクオリティです。エンディングテーマに「忌野清志郎」作品の「自転車ショー歌」が使われています。前作「茄子アンダルシアの夏」に続き評価の高い作品だがあまり知られていないようです。ジブリ好きなら見ることをお勧めしたい作品です。流れるように走る自転車のシーンはさすがです!忘れられない心に響く名セリフも多数あります。

 

マルコ・ロンダニーニがチョッチが見た幻影の中で言うセリフ。「チョッチ何やってるんだ、ボトルを捨てろ!」「ここが地獄の入口だ踏ん張れ!」「じゃあ、やめちまうか。その方が楽だぜ・・・」

ペペ・ベネンヘリがチョッチを引いて先頭集団に追いついた時に言うセリフ!「チョッチ!ロックオンだ!」ちなみにペペの声は大泉洋が演じています。

エンディング前にチョッチと和尚との対話「人の一生は重荷を背負って長き道を行くがごとしだ。お前さんたちの仕事そのものだな。」「人生は楽しく幸せであるべきだ。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました